不妊治療の終結を一緒に考える会のレポート

  • トップ
  • ブログ
  • 不妊治療の終結を一緒に考える会のレポート

不妊治療の終結を一緒に考える会のレポート

date : 2016.07.18 category : 不妊治療の終結を一緒に考える会のレポート

【開催日時】2016年6月8日(水)18:45~20:15

【ゲスト】
 ♪ 一般社団法人MoLive(モリーヴ) 永森咲希 様(不妊カウンセラー/家族相談士/キャリア・コンサルタント)
 ♪ みちこさん(はらメディカルクリニック元患者様)

【ご参加頂いた方】
 → ご夫婦での参加・・・・・・・・・・・・14名(7組)
 → お一人での参加・・・・・・・・・・・・19名

====「司会」と「体験記」をお話しいただいた"一般社団法人MoLiveの永森咲希さん"からのレポート====

会の進行と共に、参加者のみなさんの緊張もほぐれ、お話し会の後半には「時間が足りない」「もっとお話ししたい」というご意見が出るほど、和やかな空気になりました。私のグループでは、「そんな風に思えていいですね。今私はそうは思えないんです」「今はそれでいいんじゃないですか。」「どうしたらそんな風に思えるんでしょう?」といったような患者さん同士のやりとりがあり、お互いの状況や考え方が異なったとしても、互いを尊重しながら、まさに"一緒に考える時間"を共有しました。帰り際に、「お話し会に参加してよかった」と仰ってくださる方が多く、この会の意義を改めて感じました。
今回はご夫婦の参加も目立ちました。不妊治療を始めることも終わりにすることも、パートナーと共に決断することになります。日頃は諸々の要因で夫婦間に温度差が生じたとしても、始めと終わりの節目については共に考え、その時間を共有するというプロセスが大事です。もっとご夫婦で気軽に参加いただけるといいなと思いました。

今回は、33名の方々がご参加くださいました。
プログラムの流れは下記の通りですが、体験談は、実際に「はらメディカルクリニック」に通院されながら終結を迎えられた方にもお願いし、2名の体験談を含みました。 
1部 
 はじめに:終結をどんな風に捉えたらいいのか by 永森咲希
 体験談-1: はらメディカルクリニックで終結を経験したみちこさん
 体験談-2: 永森咲希
  ~休憩 レイアウト変更~
2部
 3グループに別れてお話し会
 おわりに

~会を振り返って~
当事者の体験談を聴く時間と、当事者同士が話しをする時間が一緒にプログラムされている会はなかなかありません。
こうした会に参加したことがない方は、「いったいどんな話を聴かされるの?」「はたして自分にとってためになる話なの?」とか、「初めての人となんて話せるかしら」「初対面の人と話して自分にどんなメリットがあるの?」等々、関心はお持ちだとしても、不安や懐疑心を持ちながら参加なさる方もいらっしゃるかもしれません。
とはいえ、9回目の開催となった今回の参加者は33名。これだけたくさんの方々が参加されたということは、「終わりにすることを考える」ことについて関心を持つ方々、また何らかのヒントを模索している方々が増えてきたように感じました。育ってきた環境も生き方も価値観も異なる他人同士ですが、不妊治療を受けながら親になることを目指している点では同じ当事者同士です。共感できることできないこと等、ご自身に重ねあわせながら考えてみることで何か見えてくるものがあるかもしれません。

次回の開催は12月14日(水)です。
また皆さまとお目にかかり、共に考える時間を持てたらと思います。
ありがとうございました。
(永森咲希)
===================================================

~事後アンケートのご紹介~
①これまでに終結に関して真剣に考えたことはありましたか?
 考えたことは全くなかった(1)
 頭をかすめる程度考えたことはがある(8)
 あまり考えたくないが、自分なりに少し考えたことがある(8)
 しばしば考える(13)
 最近は真剣によく考える (2)
 終結のことが頭から離れない(2)
 無回答 (0)

②もしお子さんをあきらめなくてはならない状況になったとしたら、治療終結についてご自分なりに考え、そのことと向き合っていけそうですか?
 はい(22)
 いいえ(1)
 無回答・わからない(3)

③終結に対する心の状態として、会に参加する前を3として、現在の不安や混乱の度合いを5段階で教えて下さい。
 会に参加し不安や混乱は全く無くなった(0)
 会に参加し不安や混乱はほとんど無くなった(1)
 会に参加し不安や混乱は減った(10)
 会に参加する前と不安や混乱の度合いは同じ(1)
 参加する前よりも不安や混乱が増えた(1)
 参加する前よりも不安や混乱がとても増えた(0)


④感想を聞かせてください。
<体験談について>
★ かんたんに終わらせられるものではないこと、きっと治療している人は少なからずみなさん同じなんだなと思いました。
★ 辛い経験をされた生の声が伺えて、自分と重ねて聞いていました。終結した方が周りにいないため、リアルに耳にひびきました。
★ とてもよい体験談を聞かせて頂き今後の自分のことに置きかえて考えてみようと思いました。
★ まだ具体的なイメージも出来ていない状況で聞かせていただいたのですが、経験されたお話はとても心にひびくものがありました。夫婦で孤独感にさいなまれないように、同じような経験をされている方がいるということをかみしめたいと思いました。
★ カウンセリングやおはなし会で気持ちを整理していかれたとのこと、とても参考になりました。自分も一人で悩まず色々な人に話してみるのも良いかもと思いました。
★ 似たような体験をしていて、みにつまされる思いでした。終結にむけた気持ちの変化、自身の気持ちにおりあいをつけていく過程がわかりやすかったです。
★ 段階をへてきていらっしゃるお話が私にとってアドバイスとなり、ためになりました。
★ やめた時の気持ちと今の気持ちの間の期間が聞けてよかったです。
★ 人生とこれからを考えさせられました。これからどう生きて、楽しむか考えていこうと思います。
★ 治療を終結させたあとでも欲しかったという思いは消えるものではないことを包み隠さずお話し頂けたことがよかったです。
★ 死生感のお話や治療をやめた後のすごし方など考えさせられる話が多く、大変ためになりました。
★ 心の底にある子供が欲しいという気持ちと、どう折り合いをつけていけばいいのか、実際に経験した方の話が聞けて、その時が来たら自分がどうすればいいのか思い描くことが出来ました。

<お話し会&全体を通して>
★ 終結を向かえる(考える)グループがあることがとても収穫となりました。
★ もっと終結を考える会の回数を増やしてほしいです。
★ 徐々に向き合うしかないという事が分かったことで安心しました。
★ 主人と2人きりでも十分幸せだと今でも思えているので、そのことをしっかり主人に伝えて、残りの人生をより濃いものにするべく新しいことにチャレンジしたいと思います。向き合うしかないんだと割り切ろうと思います。辛かったのは自分だけじゃないんだと。
★ 答えを出していかなければならないなと思いました。
★ 現段階では「わからない」としか言えないですね。
★ 以前より向き合える自分になってきました。
★ 二人の第二の人生を歩んでいけたらいいと思いました。
★ 限りある人生、二人の人生を考えないと思う。
★ どこかで区切りをつけることは大事だと思いました。夫婦で頑張っていきたいと思います。


date : 2016.07.16 category : 不妊治療の終結を一緒に考える会のレポート

【開催日時】2015年12月16日(水)18:45~20:15

【ゲスト】
 ♪ 一般社団法人MoLive(モリーヴ) 永森咲希 様(不妊カウンセラー/家族相談士/キャリア・コンサルタント)
 ♪ みちこさん(はらメディカルクリニック元患者様)

【ご参加頂いた方】
 → ご夫婦での参加・・・・・・・・・・・・18名(9組)
 → お一人での参加・・・・・・・・・・・・25名

====「司会」と「体験記」をお話しいただいた"一般社団法人MoLiveの永森咲希さん"からのレポート====

8回目の開催となった今回から、新たに担当させていただくことになりました永森咲希です。半分は支援者、半分は当事者という立場で、この会をお手伝いさせていただくことになりました。この会は、「不妊治療の終結はこうあるべき」と皆さんに教育的指導をするような会ではありません。何事にも「始まり」があり「終わり」があるように、不妊治療にも「始まり」があり「終わり」があります。その「終わり」がどんなカタチになるのか。こればかりは妊娠に向けての"時"を重ねてみなければわかりません。ですが、たとえどんな結果になろうと、より良い豊かな人生を送るために、「不妊治療の終わり」をどう捉えたらいいのか。考えても簡単に答えがでないことを、みなさんと話したり聞いたりしながら考えてみる時間にしていきたいと思います。

今回は、33名の方々がご参加くださいました。
プログラムの流れは下記の通りですが、体験談は、実際に「はらメディカルクリニック」に通院されながら終結を向けた方にもお願いし、2名の体験談を含みました。

1部 
 はじめに:終結をどんな風に捉えたらいいのか by 永森咲希
 体験談-1: はらメディカルクリニックで終結を経験したみちこさん
 体験談-2: 永森咲希
  ~休憩 レイアウト変更~
2部
 3グループに別れてお話し会
 おわりに

~会を振り返って~
12月の半ばという、2015年も押し迫ってからの時期にもかかわらず、たくさんの方々が参加されました。
それだけみなさんにとって、関心度の高いテーマなのかもしれません。
終結を考えるべき時期。これはどなたにとっても大変難しいテーマでしょう。
治療をしていると、患者であるみなさんは、卵胞の発育具合、ホルモン値、受精状態のクォリティー等々、妊娠に向けての体のコンディションに詳しくなります。ということは、卵胞の成長が衰えてきたとか、受精しなくなってきた、ホルモン値が悪くなってきた、といった後退的な体の変化にも敏感になるはずです。年齢的なことを意識されていればなおさらでしょう。体からのシグナルを感じ、妊娠の限界を予感し始めたとして、その時に"心"も同じように感じるかどうか。ちゃんと心が納得し、終わりにすることができるかどうか。
大変難しいことですが、とても大事なことです。
「不妊治療を終わりにするかどうか」といった容易に人に話せない葛藤は、ひとり悶々と考え続けてしまいがち。この会は、ネットで意見を読むのとは異なる、当事者同士の生の声を大切にした会です。当事者にしかわからない思いを聞いたり話したりする中で、なにか自分にとってのきっかけが得られるかもしれません。同じ立場の人たちとコミュニケーションを取りながら、折り合いをつけていくことができるかもしれません。
入室される時には硬い表情をされていた方々が、柔らかい表情でお帰りになった様子を拝見し、共感し合える時間の意義を感じました。

次回の開催は未定ですが、決まり次第ホームページでお知らせいたします。
ありがとうございました。
(永森咲希)
===================================================

~事後アンケートのご紹介~
①これまでに終結に関して真剣に考えたことはありましたか?
 考えたことは全くなかった(0)
 頭をかすめる程度考えたことはがある(2)
 あまり考えたくないが、自分なりに少し考えたことがある(0)
 しばしば考える(8)
 最近は真剣によく考える (5)
 終結のことが頭から離れない (2)
 無回答 (13)

②もしお子さんをあきらめなくてはならない状況になったとしたら、治療終結についてご自分なりに考え、そのことと向き合っていけそうですか?
 はい(13)
 いいえ(5)
 無回答・わからない(12)

③終結に対する心の状態として、会に参加する前を3として、現在の不安や混乱の度合いを5段階で教えて下さい。
 会に参加し不安や混乱は全く無くなった(1)
 会に参加し不安や混乱はほとんど無くなった(2)
 会に参加し不安や混乱は減った(12)
 会に参加する前と不安や混乱の度合いは同じ (11)
 参加する前よりも不安や混乱が増えた(4)
 参加する前よりも不安や混乱がとても増えた(0)


④感想を聞かせてください。
<体験談について>
★ 治療を重ねられた上での気持ちの変化や終結への思いがよくわかりました。辛い経験なのに、このような場で後輩の私たちのために、その経験に再度向き合われ、まとめ、お伝えくださった勇気がすごいと思いました。
★あまりよくわからなかった。
★ 自分の心境にとても近く、今後の参考になりました
★ 先輩の貴重な話が聞けて良かったと思います。私も一人っ子で、親に孫を見せられないのか、と思っていましたが、考え直すことを始めようと思いました。ありがとうございました。
★ 治療を終えられたきっかけ、終えられたあとの気持ちなど共感を持ってうかがいました。
★ たんたんとお話しされながら、ご自身の経験をもとにとても大事なことをわかりやすくお伝えいただきました。たくさんのヒントをいただきました。
★ 系統立ててお話して下さり、またイキイキとした姿に勇気を貰いました。

<お話し会&全体>
★ このような場を頻繁に設けてくれるとありがたいです。
★ この会に参加して、不安や混乱が参加前より減りました。
★ 色々な方の話が聞けて気持ちが楽になりました。これからも続けて下さい。
★ 男性が発言する姿を、予想より多く見られたと感じます。男性のみの会があっても好いと思いますし、自分で立ち上げるのも好いかも知れない! と思いました。
★ 不妊以外の養子縁組とかの話も聞きたかったです。ネットで調べてもセンシティブな内容のせいか、良く分からないことが多いのです。
★ 時間が短いので、もっと長い時間があれば、もっと色々なひとの話を聞いてみたいと思います。

date : 2015.06.25 category : 不妊治療の終結を一緒に考える会のレポート

不妊治療の終結を一緒に考える会 第7回開催レポート 

【開催日時】2015年6月20日(土)18:00~19:45

【ゲスト】Fineピアカウンセラー中辻尚子様

【ご参加頂いた方】
→ご夫婦での参加・・・・・・・・・・・・12名(24組)
→お一人での参加・・・・・・・・・・・・9名

【司会を担当した心理士報告】
7回目の開催となった今回は、33名の方々がご参加くださいました。
過去に開催した内容と進行はほぼ同じですが、今回の会場の設営が残念ながらセミナー形式しか対応できず、どうしても固い雰囲気から抜け出せなかったように感じます。しかし、会を構成する参加者の皆様は毎回違いますので、話題として上る内容や盛りあがり方はその回毎に異なります。

【参加後の感想】
ご参加いただいた皆様の感想を抜粋してご紹介いたします。

・何をきっかけに終結を決めるか迷いました。決めていた年齢でやめようと思っていたのですが、それでいいのかと思うようになりました。どのようにしても心に悔いは残るのかとも思いました。
・終結した後にどんなことを考えるのかについて、イメージが持てた。たとえば、老後についてより早期に夫婦の話題に上る、など。また、養子縁組の話しも、少し具体的に行動した方が良いと気付かされた。
・同じような悩みを皆さんが感じているということが改めてわかりました。それぞれの夫婦で考え方が違うので、何が正解ということではなく、自分たちが納得すれば良いと思いました。ありがとうございました。来てよかったです。
・終結の具体的な判断基準がほとんどなかった。
・人生の選択は自分が思っていたよりも広いと感じた。
・終結しやすくなると思いきや、自分で考え、悩まないとだめなのかな~と感じました。
・NPO法人Fineの存在を初めて知りました。私も実体験など、活動してみたいと思いました。
・夫婦でしっかりやめ方を話し合いたいと思います。

【会を振り返って】
治療を終結するための何らかの判断基準が見つかるかも、という期待を持ってお越しになることも多いと思いますが、「こうしたら終結できますよ、こうなったら終結の良いタイミングです」といったことはなかなか見つからないのが現実です。それは、皆様の状況やお考えが違うからだと思います。
だからこそ大変です。なかなか答えが見えてこないかもしれないからです。しかし、それをご夫婦で共有したり、焦らなくて良いのだなと自分に言えたりすることは、何らかの助けになってくれると思います。
この会がそのきっかけとなりましたら幸いです。
余談ですが、今回は特に、男女間のコミュニケーションの齟齬についての話題が多く上りました。自分たちだけではなく、ほかのご夫婦も同じようなことでケンカしたり悶々としたりしているのね、とわかるだけで気持ちは軽くなるものですね。

次回の開催は未定ですが、決まり次第ホームページでお知らせいたします。
ありがとうございました。

date : 2015.03.12 category : 不妊治療の終結を一緒に考える会のレポート

【開催日時】2015年2月28日(土)18:45~20:15

【ゲスト】Fineピアカウンセラー中辻尚子様

【ご参加頂いた方】
→ご夫婦での参加・・・・・・・・・・・・24名(12組)
→お一人での参加・・・・・・・・・・・・10名

【司会を担当した心理士報告】
6回目の開催となった今回は、32名の方々がご参加くださいました。
過去に開催した内容と進行はほぼ同じですが、話題として上る事柄はその回毎に異なります。
そして毎回感じるのは、皆様同じように考える部分がある反面、違って考えていることもある、ということです。「自分と全く同じ考え」という方はなかなか見つからないと思いますが、自分と異なる意見を聞いてみると、自分自身の考えに対する理解が深まることがあります。
これだけは譲れないということ、大切にしたいこと、またそんなにこだわらなくてもよいと思えてくること、などいろいろです。
そういったところに、この会の意義があるのかもしれないと感じました。

【参加後の感想】
ご参加いただいた皆様の感想を抜粋してご紹介いたします。

・最後は自分で決断するのですが、妻側の負担にならないように決めていけるようにしたいと思う。ずるずるといかないよう、負担が大きくならないよう考えていきたい。
・結論を出さないという選択は新鮮だった。
・初めての参加でどのような会かわからなかったけど、「不妊治療」と「夫婦のこれから」に関する話し合いの会で、とても勉強になった。
・初めて2人で共有できて良かった。
・結論を出す強い意志を持てれば良いが、現実的には厳しく、だからこそこの会もあるのだと思う。選択をしない選択、というのはソフトランディングであり時間が解決してくれる選択として、良いと思った。
・2人でよく話し合わなければと思った。
・もう少したくさんの話しが聞きたいと思った。
・結局自分で腑に落ちればいいのだ、という言葉が今の私の状況には響いた。
・実際の体験談が聞けて良かった。
・医師と夫婦のコミュニケーション以外に、カウンセラー・NPO等があることを新しく認識した。
・もっと「やめること」についてのお話しかと思っていたので、逆に良かった。

今回は、これから治療をしようと考えている段階の方のご参加が多かったように感じます。
治療の確率などを考えると、初めからこの先のことを調べておこう、と考えておきたいことかもしれません。
皆様おひとりおひとりへの響き方は違うと思いますが、何らかのきっかけになれば幸いです。
どの段階の方のご参加もお待ちしております。

次回は6月20日の開催を予定しております。詳細につきましてはホームページでお知らせいたします。
ありがとうございました。

date : 2014.10.30 category : 不妊治療の終結を一緒に考える会のレポート

【開催日時】2014年10月25日(土)18:45~20:15

【ゲスト】Fineピアカウンセラー中辻尚子様

【ご参加頂いた方】
→ご夫婦での参加・・・・・・・・・・・・26名(13組)
→お一人での参加・・・・・・・・・・・・11名

【司会を担当した心理士報告】
5回目の開催となった今回は、37名の方々がご参加くださいました。
はらメディカルクリニックに通院されていらっしゃらない方もご参加下さり、また、リピーターの方もいらしてくださいました。
初めにゲストの中辻さんから治療終結に至った体験談をお話しいただきました。なかなか聞くことのできない、生のお話しです。
そして、事前にご回答いただいていたアンケートの結果を紹介しました。この内容を追いながらご意見をうかがいました。
話題に上った内容としては、
◆子育て中の友人とのお付き合いをどのようにしているか
◆子どもがいなくても、夫婦で仲良く暮らしたい
◆後悔をしないように、または、最小限にできるように選択したい
などがありました。

【参加後の感想】
ご参加いただいた皆様の感想を抜粋してご紹介いたします。
★男性のお話しが聞けて、参考になった。
★夫婦で方向性を決めていくための指標になった。
★気持ちの揺れはこれからもあっていいのだ、と思った。
★「夫婦が家族の最小単位」という一言がとても良かった。
★心の整理は焦らなくてもいいのかな。
★ご主人と意見が分かれた、という方が何人もいらしたので、主人の意見をきちんと聞いてみたいと思った。
★皆様の率直な声が聞けて参考になった。
★もっと少人数で語り合うのだと思った。
★データを基にした会を想像していた。
★ほかの方の話しの多くに共感することができ、自分の中のモヤモヤが言葉にされることで実感に変わった。
★治療中の心の変化や感じていることをなかなか冷静に見つめなおす機会がないので、参考になった。
★人によって悩みのポイントや深さが違うのだな、と思った。
★妻の気持ちをもう一度じっくり聞きたくなった。
★夫婦関係を見直そうと思った。
★もっとカウンセラーのアドバイスがあるのかと思った。
★終結というより人生を考え直すのかな、と思った。
皆様それぞれへの響き方は違うと思いますが、何らかのきっかけになれば幸いです。

次回は2月28日の開催を予定しております。詳細につきましてはホームページでお知らせいたします。
ありがとうございました。

ブログ

予約

初診の予約は、お電話にて承ります。 0120-66-4211(携帯・PHS可)

詳しくはこちら

かんたんWEB診断

あなたに合った治療方法が診断できます。

  • はじめての方
  • 治療経験のある方
  • 女の子 産み分け
  • 院長ブログ
  • スタッフコラム
  • 患者様の声
  • 出産予定シミュレーション

メディカルサロンツーブルーライン

はらメディカルクリニック直営の治療院メディカルサロンツーブルーライン

JISART

当院は、不妊治療を専門とするクリニックによって結成された団体であるJISARTに加盟しています。

ISO9001

当院は国際品質管理機関であるISO9001:2008と、国内品質管理機関であるJISQ9001:2008の承認を取得しています。
【承認番号】1502302

ページトップへ