ブログ

2016年12月のお手紙

date : 2017.04.04 category : 患者さまの声

2016年12月のお手紙①

拝啓 年内も余日少なくなりましたが、原先生はじめクリニックの皆様穏やかにお過ごしのことと存じます。 ご報告が遅れて誠に恐縮ではございますが、201●年●月●日に●●●●gの元気な●の子を出産致しました。 ●年の●●の頃に貴クリニックを無事卒業し、元気な赤ちゃんが生まれたら必ず原先生にお手紙を書こうと心に決めていたにもかかわらず、日々の育児に追われ、すっかり遅くなってしまいました。 育児は想像していた以上に大変で毎日クタクタになりますが、それ以上に●から与えられる幸せは深く大きく、こんな日々を過ごせるのも原先生のお力添えがあったからこそ、と日々感謝致しております。 なかなか卵が育たない私にとって、ボーンスクイズというものがあると知った時、「これが私にとって何か突破口になるかもしれない」と思い、同時に貴クリニックへの転院を決意致しました。初めてのボーンスクイズはそれはそれは衝撃的で半泣きになりながら帰宅したことを覚えています。 あれから約●年、原先生の強い信念に引っ張って頂き、私も頑張ることができ、大切な●を授かりました。 来月で●は●歳になります。卒業の日、先生から「2年後だな、次は2年後に会いましょう」と言われました。確か私は「年齢のこともあるのでもう少し早く伺います。」と申し上げましたが、やはり2年後の●●頃になりそうです。お預かり頂いている卵を迎えるため、また先生にお目に掛かれる日を今から楽しみに致しております。 最後になりましたが、現在通院中の一人でも多くの方が夢を叶えられますように、また原先生始めクリニックの皆様のご健康とご活躍を御祈り申し上げます。 寒さが厳しくなって参りました。くれぐれも御身体ご自愛下さいませ。 敬具


2016年12月のお手紙②


原先生、スタッフの皆様へ
ご無沙汰しております。●●●●●●●の●●●●●です。
この度、無事出産いたしましたのでご連絡します。
●●wの時、妊娠糖尿病になり、●週間入院しました。退院してからは一日●会の血糖値測定と食前3回のインスリン注射で出産日まで過ごしました。●月●日に出産することになり、誘発分娩を行いましたが、子が骨盤へ斜めに下りてきてしまい陣痛ストップ。
●月●日も朝からバルーンを入れ誘発をしましたが、子が真っすぐにならず、私の炎症反応も高くなってきたため緊急帝王切開となりました。
出産してからは血糖値も落ち着き、注射なども終了しました。まだ母乳は上手く出ませんし、いろいろスムーズにはいかないストレスもありますが、慣れない子育てを二人で頑張っています。
子供がこんなに愛おしい可愛いものだとは思っていませんでした。これも原先生、スタッフの皆様のおかげで感じることが出来た気持ちです。本当にありがとうございました。
今は無事に生まれた命を、大切に育てていきます。またお世話になるかもしれませんが、その際はよろしくお願いします。
来年からは新しい場所に移転するそうですね。これから寒さが厳しくなりますので、お忙しいとは存じますが、お身体ご自愛ください。

ブログ

予約

初診の予約は、お電話にて承ります。 0120-66-4211(携帯・PHS可)

詳しくはこちら

かんたんWEB診断

あなたに合った治療方法が診断できます。

  • はじめての方
  • 治療経験のある方
  • 女の子 産み分け
  • 院長ブログ
  • スタッフコラム
  • 患者様の声
  • 出産予定シミュレーション

メディカルサロンツーブルーライン

はらメディカルクリニック直営の治療院メディカルサロンツーブルーライン

JISART

当院は、不妊治療を専門とするクリニックによって結成された団体であるJISARTに加盟しています。

ISO9001

当院は国際品質管理機関であるISO9001:2008と、国内品質管理機関であるJISQ9001:2008の承認を取得しています。
【承認番号】1502302

ページトップへ