検査・治療

ボーンスクイズ(骨髄刺激)

ボーンスクイズにとは

BONE SQUEEZE プロモ画像

BONE SQUEEZE ボーンスクイズ

ボーンスクイズとは・・・その仕組みと具体的な目的

卵胞(卵子)を育てることができるのは、FSHというホルモンです。

このFSHホルモンは脳下垂体から分泌され、血液によって卵巣に運ばれ、卵胞内の顆粒膜細胞を刺激して、卵胞(卵子)の成熟に必要なエストロゲン(E2)の分泌を促します。
(右ページ図1: 卵巣と脳)

FSH、LH、E2、Pの説明と役割はこちら

BONE SQUEEZE プロモ画像

より成熟した質の高い卵胞(卵子)を育てるために、例えば排卵誘発剤、クロミフェン等を服用するのは、 脳視床下部に排卵誘発剤を作用させ、FSHホルモンを多く分泌させるためです。
分泌されたFSHホルモンは卵巣に届き結果的にエストロゲン(E2)の分泌量を上げます。
また、体外受精の排卵誘発でFSHホルモンを主成分とするHMG / FSHの注射をするのも同様の目的です。 より多くのFSHホルモンを投与することで卵胞に届くFSHホルモン量を増やし、多くの卵胞(卵子)を育てること、エストロゲン(E2)を上昇させることを目的とします。

FSH、LH、E2、Pの説明と役割はこちら

BONE SQUEEZE プロモ画像

しかし、何らかの原因で下垂体から分泌されたFSHホルモンが十分に卵巣に届いていないため卵胞発育を阻害してしまう場合があります。
そのような例の多くは、卵巣内血流量が少なく、血流スピードも遅い場合で、体内のFSHホルモンは一部しか卵巣に運ばれないということがあります。
せっかく卵巣刺激のために排卵誘発剤や注射を使用していても卵巣内血流量の状態によっては効果がない場合があるということです。 (図2:卵巣の悪い状態)
つまり、FSHホルモンを効率よく卵巣内に運ぶことが質の高い卵子を作るために大切なことです。

FSH、LH、E2、Pの説明と役割はこちら

BONE SQUEEZE プロモ画像

血流が豊富な卵巣の例

それを可能にするのが、ボーンスクイズという骨髄刺激を中心とした施術です。 (図3 卵巣の良い状態)
ボーンスクイズは、卵巣周囲の毛細血管新生を促した後に、これら卵巣内血管を太くし、血流量、血流スピードを増加させる効果があります。 早発閉経や高齢の場合は卵巣がFSHホルモンに反応しなくなるため、少しでも反応させようと下垂体はFSHホルモンの分泌を盛んにし、 結果FSHの値が上がり10以上の高値を示します。これが進むと卵巣性無月経として治療を諦めることがあります。
このようなFSH値が高い状態に対してもボーンスクイズは卵巣周囲血管の新生を促し、卵巣ホルモンレセプターを刺激して、良質卵胞(卵子)を排卵に導く効果があります。
また、クリニック・病院治療で投与される排卵誘発剤のクロミフェンやHMG/FSH注射などとボーンスクイズを併用することで、より効果的に質の良い卵胞(卵子)を育てることが可能です。

FSH、LH、E2、Pの説明と役割はこちら

BONE SQUEEZE プロモ画像

エストロゲン(E2)の作用と内膜の関係

子宮内膜を増殖するのもこの卵胞から分泌されるエストロゲン(E2)作用ですので、ボーンスクイズによりエトロゲン (E2)分泌量が上昇することで子宮内膜もより着床に適した環境になるといえます。(図4)

FSH、LH、E2、Pの説明と役割はこちら

BONE SQUEEZE プロモ画像

プロゲステロン(P)の作用と着床

ボーンスクイズはもう一つ大きな効果があります。 それは、黄体の質の向上=プロゲステロン(P)の上昇です。 プロゲステロン(P)の値の高さと妊娠には相関関係があります。 プロゲステロン(P)は排卵後の黄体から分泌されます。
卵胞を育てていた顆粒膜細胞が、排卵後は黄体になりプロゲステロン(P)を分泌します。(図5)
ボーンスクイズにより質良く成長した卵胞は、黄体の質が高く、結果プロゲステロン(P)の分泌を高め着床環境を整えます。 また、ボーンスクイズにより、卵巣だけでなく骨盤内臓器である子宮内へも多くの血流が運ばれるため、卵育成だけの目的ではなく、 凍結胚移植前の子宮内環境の改善目的で実施する場合もあります。

FSH、LH、E2、Pの説明と役割はこちら

BONE SQUEEZE プロモ画像

それでは、なぜボーンスクイズには前文ような効果があるのでしょうか?

ボーンスクイズは、骨髄刺激を中心としたセラピーです。60分の施術の中で、40分間が骨髄刺激に充てられます。
骨髄刺激は指圧やマッサージに代表される筋肉刺激とはまったく異なります。指圧や整体やマッサージは 筋肉や関節に働きかけるものですがボーンスクイズは骨髄そのものに働きかけるので赤血球免疫細胞が増加し、 血管新生を促進するばかりではなく、自律神経やホルモンの調整作用に大きな効果をもたらします。(血流の写真)
ただし、骨の周りには多くの神経が走行しているため、ボーンスクイズの40分間は骨膜刺激という痛みを伴います。

痛みについては多くの方が体験記に書いていますのでご覧ください。

まとめ

  1. 卵胞成長初期に骨髄刺激により卵巣内血管新生を行い、血流量と血流スピードを高めます。(生理開始早めの時期が効果的です。毎予約時受付より適切な時期をご案内します。)
  2. 上記1によりFSHホルモンは効率よく卵胞に行き渡り、卵胞内では十分なエストロゲン(E2)が生産されます。
  3. 上記1により、FSH高値の場合でも値が低下する場合があります。
  4. 卵巣から分泌されるエストロゲン(E2)が子宮内膜を増殖します。ボーンスクイズの効果によりエストロゲン(E2)分泌は今まで以上に高まるので、子宮内膜もより良い着床環境を整えます。
  5. 妊娠環境を作るプロゲステロン(P)の分泌が高まります。ボーンスクイズによって成熟した卵胞は質の高い黄体を形成し、結果、プロゲステロン(P)分泌量も上昇し、妊娠に適した環境を整えます。
  6. 凍結胚移植時には、卵巣ではなく子宮内環境改善を目的とし、排卵期にボーンスクイズを実施することで受精卵が子宮内膜と着床しやすい環境を作ります。

FSH、LH、E2、Pの説明と役割はこちら

BONE SQUEEZE プロモ画像

注意事項

  • ・ボーンスクイズの施術2時間前までにお食事をお済ませください。水分は摂っていただいて構いません。
  • ・妊娠を妨げている原因が染色体異常によるものの場合は、効果は基本的にないものと考えています。 血流の良い卵巣では卵子の減数分裂がスムーズに行えるために染色体異常にも効果があるという論文もございますが、 まだ医学的に立証されておらず当院ではその作用は弱いものと考えています。
  • ・3度(3期)以上のチョコレートのう腫がある方は担当医の許可が必要です。
  • ・ カルシウム代謝異常、骨粗しょう症、副甲状腺疾患と診断されている方はボーンスクイズはうけられません。
  • ・ボーンスクイズの施術2時間前までにお食事をお済ませください。水分は摂っていただいて構いません。

FSH、LH、E2、Pの説明と役割

ホルモンの働きと役割 FSH (卵胞刺激ホルモン)脳下垂体から分泌されるホルモンで、卵巣を刺激して卵胞を成熟させます。LH (黄体形成ホルモン)FSHと同じく脳下垂体から分泌され、排卵および黄体の形成を促進させます。エストロゲン(E2) (卵胞ホルモン)卵胞を育てるホルモンで、子宮頸管粘液の分泌や子宮内膜の増殖などの働きがあります。また、脳に作用してFSH、LHの分泌に影響を与えます。プロゲステロン(P)(黄体ホルモン)卵胞から分泌され、子宮内膜を厚くし受精卵が着床しやすい状態を作ります。妊娠を準備するホルモンといわれ、脳に作用すると安静を促します。

  • 治療内容一覧へ
  • 検査内容一覧へ

検査・治療

予約

初診の予約は、お電話にて承ります。03-3470-4211(携帯・PHS可)

詳しくはこちら

かんたんWEB診断

あなたに合った治療方法が診断できます。

  • はじめての方
  • 治療経験のある方
  • サポート体制各種説明会
  • 院長ブログ
  • スタッフコラム
  • 患者さまの声
  • 女の子 産み分け
  • 出産予定シミュレーション

メディカルサロンツーブルーライン

はらメディカルクリニック直営の治療院メディカルサロンツーブルーライン

JISART

当院は、不妊治療を専門とするクリニックによって結成された団体であるJISARTに加盟しています。

ISO9001

当院は国際品質管理機関であるISO9001:2008と、国内品質管理機関であるJISQ9001:2008の承認を取得しています。
【承認番号】2963222

ページトップへ