検査・治療

卵子活性化処理法(カルシウムイオノフォア)

  卵子活性化処理法
説明 顕微授精(ICSI)を行っても受精が成立しない原因の一つに卵活性化障害があり精子と卵子の融合によって引き起こされるカルシウムイオンの増加反応が不十分と考えられる。卵活性化障害が疑われる症例には「カルシウムイオノフォア」を実施。
効果 受精障害の原因が卵活性化障害にある場合に効果があります。しかし実際には受精障害の原因は特定しにくく本法の効果は限定的になります。
費用 ¥31,500(税込)
申込期限 採卵周期3日目以降5日目まで
申込方法 期限までに申込み用紙を受付に提出
(申込書は受付横パンフレットラック or HPより印刷可能)
注意 使用する薬剤は保存期間が非常に短いため申込み後の発注になります。
キャンセルの場合は廃棄処分となるためキャンセル料は100%かかります。
  • 治療内容一覧へ
  • 検査内容一覧へ

検査・治療

予約

初診の予約は、お電話にて承ります。03-3470-4211(携帯・PHS可)

詳しくはこちら

かんたんWEB診断

あなたに合った治療方法が診断できます。

  • はじめての方
  • 治療経験のある方
  • サポート体制各種説明会
  • 院長ブログ
  • スタッフコラム
  • 患者さまの声
  • 女の子 産み分け
  • 出産予定シミュレーション

メディカルサロンツーブルーライン

はらメディカルクリニック直営の治療院メディカルサロンツーブルーライン

JISART

当院は、不妊治療を専門とするクリニックによって結成された団体であるJISARTに加盟しています。

ISO9001

当院は国際品質管理機関であるISO9001:2008と、国内品質管理機関であるJISQ9001:2008の承認を取得しています。
【承認番号】2963222

ページトップへ