当院紹介

  • トップ
  • 当院紹介
  • 取り組み(JISART、ISO、助成金、倫理委員会)

取り組み(JISART、ISO、助成金、倫理委員会)

JISARTへの取り組み

JISARTとは不妊治療を専門とするクリニックによって結成された団体です。子どもが欲しいと願うご夫婦に安心して、満足できる医療を受けていただくことを目的として活動しており、現在、当院も加盟しています。

認定証

ISOへの取り組み

医療科学は再生医療を先端に現在も急速な進歩を遂げています。
私たちは治療に関する医療レベルを日々の勉強と情報収集により高いレベルに保つ努力をしております。
さらに、検査・治療の「品質」を向上させ患者様に満足いただける医療レベルを自己評価ではなく、国際的な基準の元で総合的・客観的に判断するためにISOの認定を取得しました。
ISOは、医療技術の標準化と医療進歩が2本柱となっております。
治療内容にブレがなく、適切な検査・治療を行うこと。そして、その結果を振り返り継続的にさらなる妊娠率向上への改善を試みること。この系統的な治療体系の確立がISOの本質であると言えます。
私たちは半公的機関であるISOの認証を受け、妊娠率の向上のため日々の努力を惜しまず医療に取り組んでおります。ISO収得施設がまだ数ヶ所であるという現状を知っていただければ私たちの医療に対する姿勢もご理解いただけることと存じます。

特定不妊治療費助成制度について

当院は日本産婦人科学会のART登録施設に承認、指定されています。 全国47都道府県全てで体外受精、顕微授精の助成金の指定を受けています。
特定不妊治療費助成制度について

倫理委員会とは

目的

医療行為および医学的研究行為が十分な倫理的配慮のもとに行われるために、広く審議検討され、慎重な実行決定の判断がなされることを目的として設置されました。
その判断基準は、社団法人 日本産科婦人科学会による会告を厳重に遵守することであり、また世界医師会が採択したジュネーブ宣言(1948年)およびヘルシンキ宣言(1964年採択、1975年東京総会修正、1996年南アフリカ共和国サマーセットウエスト第48回総合修正、2000年エジンバラ総会修正)であります。

また、職員への教育、行動指針となるガイドラインを作成し、職員の適切な倫理観を育むことも目的とします。

対象

委員会風景の写真病院内で行う、人間を直接対象とする生殖補助医療行為で、特段の注意を要する医療行為及び医学の研究に関した症例を、専門の知識をもった院内委員と、客観的中立的立場の院外の学識経験者により検討します。

委員

外部委員 3名
医師 2人、弁護士 1人

内部委員 4名
医師 2人、胚培養士 1人、臨床心理士 1人

はらメディカルクリニック 院長 原 利夫

当院紹介

予約

初診の予約は、お電話にて承ります。03-3470-4211(携帯・PHS可)

詳しくはこちら

かんたんWEB診断

あなたに合った治療方法が診断できます。

  • はじめての方
  • 治療経験のある方
  • サポート体制各種説明会
  • 院長ブログ
  • スタッフコラム
  • 患者さまの声
  • 女の子 産み分け
  • 出産予定シミュレーション

メディカルサロンツーブルーライン

はらメディカルクリニック直営の治療院メディカルサロンツーブルーライン

JISART

当院は、不妊治療を専門とするクリニックによって結成された団体であるJISARTに加盟しています。

ISO9001

当院は国際品質管理機関であるISO9001:2008と、国内品質管理機関であるJISQ9001:2008の承認を取得しています。
【承認番号】2963222

ページトップへ