お知らせ

お知らせ配信履歴の一覧

date : 2016.05.22 category : お知らせ配信履歴

1.サロン説明会のお知らせ
2.予約サイト一時利用不可のお知らせ

1.サロン説明会のお知らせ
はらメディカルクリニックでは、薬剤に依存する治療ではなく、"自身の妊娠力を自ら高めること"を目的としたサロン(治療院)「メディカルサロンツーブルーライン」を併設しており、不妊症の知識を持つセラピストによる施術効果は高い妊娠率(3.2名に1人の妊娠)とともに多くの患者様にご愛顧頂いております。

サロンの説明会を以下の通り実施いたしますのでぜひご参加ください。

日時:6月11日(土)17:00~18:00
会場:はらメディカルクリニック待合室
会費:無料 
申込:はらメディカルクリニック WEB予約よりお申込みください。
※参加者には施術時に使用可能な2000円のキャッシュバッククーポンをお配りいたします♪
※ご夫婦でのご参加は出来ません。女性専用でございますので奥様一人でのご参加となります。
ご質問がある場合は以下よりお問合せください。
https://www.2blueline.jp/contact/
皆さまからのお申込みお待ちしております


2.予約サイト一時利用不可のお知らせ
5月27日(金)15:00~19:00まで予約サイトのサーバーメンテナンスを行います。メンテナンス中は予約サイトの利用ができませんので予めご了承ください。
※メンテナンスには約4時間かかる見込みですが、状況により復旧時間が前後する可能性がございます。
※メンテナンス後は予約サイトのアドレスが変更されますが、新しいアドレスに自動転送されますので今まで通りアクセスしご利用いただけます。

date : 2016.05.02 category : お知らせ配信履歴

【1】採精容器の変更
5月1日より採精容器を密封性の高い形状に変更いたしますが、従来の容器も引き続きご使用いただけます。


【2】採精容器の持ち運び環境が気になる方へ
精子は 20 度以下、あるいは 40 度以上になると運動能力が著しく低下します。女性が下着の中に入れて持ち運びされる方法が一般的ですが安定性に欠けたり苦しかったりしますので、以下のような容器を使用する方法をご提案いたします。精子所見が不良の方はご活用ください。
http://www.haramedical.or.jp/news/documents/pdf/spermcontainer.pdf


【3】IVF FILEの更新
体外受精の治療説明に使用している「IVF FILE」を更新いたしました。更新箇所は次のURLをご確認ください。
http://www.haramedical.or.jp/news/documents/pdf/IVFFile_201604matome.pdf

1)更新はHPの『書類ダウンロード』ページの【IVFファイルの更新内容】より印刷してください。http://www.haramedical.or.jp/documents/index.html

2)5月16日(月)よりご希望者にのみ更新ページの印刷紙を配布いたしますので受付にお声がけください。数に限りがある点をご了承ください。

3)今まで初期胚の新鮮胚移植にしか使用できなかった「GM-CFS含有培養液」に胚盤胞用が発売され、凍結にも対応できるようになりました。
採卵周期用→
http://www.haramedical.or.jp/news/documents/pdf/IVFFile_201604Part22.pdf
凍結胚移植→
http://www.haramedical.or.jp/news/documents/pdf/IVFFile_201604Part23.pdf


【4】次期は月極支払サービスの追加募集なし
診察や処置後にお会計をせずすぐお帰りいただき、治療費は翌月まとめてお支払いただく「月極支払サービス」は年4回新規受付をしていますが、現在規定の受入数に達しているため7月期開始分の追加募集はいたしません。欠員が生じた場合には10月期にて募集いたしますので改めてご連絡いたします。


【5】再!凍結規定変更の移行期間終了
3月27日配信のNo.6のメールの通り、凍結規定が変更され「凍結更新日までにお手続きされずその後お送りする手続き催促通知書の発送から7日以内に連絡が取れなかった場合には、以後の凍結は承らない」と致します。4月の移行期間も終了しましたので、5月1日以降は規定通りとなりますのでご注意ください。

date : 2016.03.27 category : お知らせ配信履歴

【1】重要!凍結規定変更
一部の患者様の凍結更新手続きに時間を要し培養業務に支障が生じております。業務の円滑化のため凍結規定を変更し、『凍結更新日までにお手続きされず、その後お送りする手続き催促通知書の発送から7日以内に連絡が取れない場合には以後の凍結はうけたまわらない』と致します。

なお、規定変更の移行期間として4月末までは前規定にて対応させていただきます。また、凍結規定の変更に伴い、凍結同意書も書式変更となりますが、旧同意書には規定変更時の同意が記載されているため引き続き旧同意書の使用が可能です。

*変更された、精子凍結保存及び凍結保存継続に関する説明書
http://www.haramedical.or.jp/news/documents/pdf/SPERMmanual.pdf
*変更された、胚・未受精卵凍結保存及び凍結保存継続に関する説明書
http://www.haramedical.or.jp/news/documents/pdf/EMBRYOmanual.pdf


【2】SEET液の保存について
胚移植時に使用する内膜刺激用のSEET液は胚と一緒に使用することで妊娠率を向上させる目的で実施していますので、凍結胚を破棄処分される場合にはその胚培養時のSEET液は保存期間内であっても破棄処分いたします。また凍結胚を他施設に移送される場合にはSEET液も一緒に移送していただきます。SEET液単独の凍結保存は医学的有効性がないため実施いたしませんのでご承知おきください。


【3】2015年全患者アンケートの結果と改善について
2015年年末に行いました全患者様対象アンケートの結果がまとまりました。貴重なご意見をちょうだいし誠にありがとうございました。改善できる点についても記載しておりますのでご覧ください。
http://www.haramedical.or.jp/column/opinion/000824.html
*2014年分アンケートと改善結果についてはこちら→
http://www.haramedical.or.jp/column/opinion/000700.html


【4】着床前診断の開始時期について
移植胚の染色体検査が可能となる着床前診断(PGS)について、今年中の開始を予定していることを1月4日のメール配信に記載いたしました際に多くの方からお問合せがありましたので現在の準備状況についてお知らせいたします。4月4日から着床前診断検査を行う研究施設との共同準備に移ります。研究施設との連携、機械の安定稼働、検査結果の検証、学会の容認など全て問題がなくスムーズに進んだ場合には秋頃からの受付開始を予定しています。なお、受付条件や費用についてなどの詳細はこれからの決定となるため現時点では何も決まっていません。開始2ヶ月前には詳細をお知らせできる見込みです。


【5】4月の無料説明会
サロン説明会:4月9日(土)16:30~17:20
胚盤胞達成率の向上を目的とした「インディバ」の説明を行っています。ご参加の方には2000円キャッシュバッククーポンをお渡ししますのでひぜご参加ください。

体外受精説明会:4月30日(土)18:00~20:00
まだ体外受精には進まれない場合でもご参加いただけます。


【6】再:ヒアルロン酸胚移植培養液の申込み期限延長
2月28日に配信内容の再通知です。
4月1日以降、ヒアルロン酸胚移植用培養液(エンブリオグルー)の申込み期限は現在よりも延長され、胚移植2日前まで可能となりました。ただし、日曜日は休診のため受付できませんのでご注意ください。

date : 2016.03.21 category : お知らせ配信履歴

【1】ウトロゲスタン
ウトロゲスタンは黄体ホルモン補充を目的としており、「タイミング後」「人工授精後」「胚移植周期」に処方される場合があります。現在までは国内製の認可座薬がなかったためスペインから輸入した外国製を使用していましたが、このたび富士製薬株式会社より同成分での製品が発売されたため認可された国内製に切り替えを行います。それにより以下の点が変更されます。
①1箱あたりの錠数は現在1箱15錠ですが、今後は1箱24錠です

②料金は1錠あたり130円ですが、今後は1錠あたり292円です。処方は1箱単位のため、24錠入りを7020円(税別)での販売です。

*黄体ホルモン補充を目的とした薬には経口薬の「ルトラール1錠30円」や「デュファストン1錠40円」などもありタイミング周期、人工授精周期は経口薬をを使用する場合もあります。補充できる黄体量が少ないため胚移植周期には向きません。

*同類のホルモン補充膣剤として「ルティナス」という薬剤も引き続き使用します。こちらはフェリング社製で、座薬の挿入を助けるインディケーターが付くためその分費用が高く1錠486円です。この製品の料金変更はありません。


【2】エストラーナテープ
エストラーナテープは卵胞ホルモン補充を目的としており、「胚移植周期」など必要に応じて処方されます。こちらについては仕入れ先変更と購入ロット変更により1枚600円(税別)から280円(税別)に値下げいたしました。


【3】再:アンケートのお願い
通院の際に利用されている駅名についてアンケートにご協力をお願いいたします。
http://webyoyaku.jp/haramedical/custlnk.php?ty=e1qb&to=163374983556efac547f008

date : 2016.02.28 category : お知らせ配信履歴

【1】精子保護培養液の中止について
今まで、自宅で採取した精子を検査以外の目的で使用する際には精子を保護する目的で一部の患者様には培養液も一緒に容器に入れていただいておりましたが、精子処理扱い方法の改善により使用を中止することと致します。


【2】精子持参時の留意点
精子は温度の低下とともに運動性も下がる場合がありますので、寒い日に精子を持参する場合には容器をタオルで巻くなど保温に努めてください。体温と同じ36度前後が最も適切な温度です。
*男性不妊で運動率が低い場合には奥様が持参時に容器を下着の中、胸ポケットなどに入れるなどしてご持参いただければ適切な保温ができます。


【3】ヒアルロン酸胚移植用培養液(エンブリオグルー)の申込期限変更について
今まで胚移植周期1~13日目までの申込期限を設けておりましたが、仕入れ業者の見直しにより、4月1日申込分より期限を変更し胚移植周期1日目~胚移植2日前まで(日曜除く)と申込期限を延長致します。


【4】サロン説明会について
1階の自然補完療法サロンにて、ミトコンドリアを増やしエネルギー(ATP)生産量の増加を図ることで「胚盤胞達成率の向上」など代謝活性の高い状態の維持を目的としたインディバhttp://www.2blueline.jp/menu/index.html
が追加されるにともない説明会を行っています。現在設定分の残席が少ないため以下の追加設定をいたしました。WEBの「説明会・勉強会」→「サロン説明会」よりご予約ください。
1)3月5日(土)
2)4月9日(土)
*時間は16:30~17:30
*場所はクリニック待合室
*ご夫婦での参加はできません。
*説明会にご参加の方には、「インディバ体験(3分)」と次回以降のサロンで使用いただける「2,000円キャッシュバッククーポン」をご用意しています。


【5】アンケートのお願い♪
動向調査のため、皆様が来院の際にどの駅を使用されているのか教えてください。
http://webyoyaku.jp/haramedical/custlnk.php?ty=e1qb&to=54470650456d2553b2f5d0

お知らせ

予約

初診の予約は、お電話にて承ります。03-3470-4211(携帯・PHS可)

詳しくはこちら

かんたんWEB診断

あなたに合った治療方法が診断できます。

  • はじめての方
  • 治療経験のある方
  • サポート体制各種説明会
  • 院長ブログ
  • スタッフコラム
  • 患者さまの声
  • 女の子 産み分け
  • 出産予定シミュレーション

メディカルサロンツーブルーライン

はらメディカルクリニック直営の治療院メディカルサロンツーブルーライン

JISART

当院は、不妊治療を専門とするクリニックによって結成された団体であるJISARTに加盟しています。

ISO9001

当院は国際品質管理機関であるISO9001:2008と、国内品質管理機関であるJISQ9001:2008の承認を取得しています。
【承認番号】2963222

ページトップへ