着床不全外来について

検査・治療

佐藤 健二(さとう けんじ)

【産婦人科医師】

日本生殖医学会生殖医療専門医であり、特に内視鏡を中心とした不妊原因の特定を得意とする。臨床遺伝専門医の資格も有しており、不育や遺伝のご相談にも対応。
日本産婦人科学会専門医、 日本産婦人科内視鏡学会技術認定医、日本遺伝カウンセリング学会臨床遺伝専門医、日本生殖医学会認定生殖医療専門医。
慶応義塾大学医学部卒業。大田原赤十字病院第2産婦人科部長、東京歯科大学市川総合病院婦人科助教を経て、現在慶應義塾大学病産院婦人科の助教として勤務。

着床不全外来の有効性

IVF後の妊娠判定において血中βhCGが低値であった場合には、単にIVFの失敗として次に進むのではなく、 着床前流産、もしくは極初期の流産として考え、そこには着床不全(障害)があったと推測されます。 着床不全の定義は、形態学的、機能的に良好な胚(グレードの良い胚)を複数回移植しても妊娠が成立しない状態を言います。 着床は、胚と子宮内膜との調和のとれた相互作用が複雑に絡み合って成立しています。 ですから、その原因の解明は簡単なものではありません。しかし、次の体外受精の失敗を防ぐためにも、着床不全の主な検査を行うことが大切です。 着床不全のために妊娠に至らない方、またこれから体外受精を受ける前に着床系の検査を希望される方は当外来をご予約ください。

ご予約

WEBにて「着床不全外来」をご予約ください。

着床不全外来検査の流れ

着床不全外来では、必要な検査から調べていきます。すでに他院や当院で行った検査でも、 必要と判断した場合には再度行います。(1回の検査では発見出来ない場合があります)

初診時
治療歴の精査・分析、問診、内診(超音波)
検査項目
  • 感染症(血液検査)
  • 内分泌検査(血液検査)
  • 自己免疫異常(血液検査)
  • 血液凝固検査(血液検査)
  • 子宮形態の検査(超音波検査、子宮鏡検査、子宮卵管造影)
  • 夫婦染色体検査(血液検査)
検査結果総括
検査終了後、結果に基づいた治療方針を説明いたします。
治療例
  • 子宮内膜改善薬(シルデナフィル腟坐薬)
  • 抗凝固療法(低用量アスピリン)
  • 子宮内膜ソウハ術
  • 経腟的腹腔鏡
  • カウンセリング(臨床心理士)

検査について

費用は原則自費です。関連疾患が発見された場合のみ保険適用になる場合もあります。
【セット検査費用】¥21,700

原因 内容 検査項目 費用 セット検査の内容
感染症 炎症の有無 クラミジア抗原(PCR) ¥2,370
免疫学的検査 抗リン脂質抗体。自分を傷つける抗体反応、血液がかたまりやすくなる 抗カルジオリピン抗体IgG ¥3,000
抗カルジオリピン抗体IgM ¥3,000
抗CL・β2GPⅠ抗体 ¥2,990
ループスアンチコアグランド ¥3,770
抗PE抗体、IgG ¥6,500
自己免疫検査 抗核抗体 ¥1,200
凝固系検査 血液が固まりやすくなり胚への血液供給が減少する APTT ¥380
PT ¥240
凝固第Ⅻ因子 ¥3,600
プロテインS活性 ¥2,040
プロテインC活性 ¥3,120
代謝検査 糖尿病、PCOの疑い HbA1c ¥650
甲状腺検査 甲状腺機能異常 TSH、FT4、FT3 ¥3,990  
子宮の形態 子宮内腔直視下検査 子宮鏡 ¥18,900  
子宮内腔の造影検査 子宮卵管造影 ¥8,000  
内分泌検査 黄体機能不全 P4 ¥2,100  
下垂体機能検査 PRL、LH、FSH ¥2,100  
染色体検査 染色体の異常
異常率・男3%女4%
夫婦染色体 ¥63,000  
精神的 不育精神分析 カウンセリング ¥5,250