黄体補充療法

検査・治療

黄体補充療法とは

黄体機能の低下は妊娠率を下げる一番の問題点です。その原因として、LHパルスの異常、LHサージレベルピークの低下や持続時間の異常、黄体機能調節因子の分泌異常、ホルモン分泌は正常にも関わらず子宮内膜の反応性低下などがあり、以下の方法で状態の改善を図ります。

治療の流れ ~黄体補充療法の場合~

排卵誘発の使用を検討する生理1日目~5日目

この時期は今周期の治療に排卵誘発剤を使用するか、使用しないかを検討します。

排卵誘発剤を希望しない場合

この時期の来院は不要。

排卵誘発剤を検討したい場合

この時期に来院が必要。
詳細は排卵誘発(低刺激~高刺激)参照。

超音波検査生理10日目~12日目

卵胞が順調に(正しく)成長しているかどうかを超音波で検査し、排卵日を予想特定します。 卵胞成長が遅れている場合や、超音波だけでは排卵日予想が困難な場合には血液検査によりエストロゲン(E2)を測定することで排卵日特定の確実性を上げます。

LHサージ誘起生理12日目~13日目(排卵36~40時間前)

この時期まで卵胞が順調に成長をすすめてくると、排卵を促すためのLH(黄体形成ホルモン)が急激に上昇するLHサージがおこります。このLHサージの後排卵します。

自然にLHサージを起こす場合

この時期の来院は不要。

確実にLHサージを起こす場合

hCG注射か、点鼻薬(スプレキュア)を用いる。
詳細はLHサージ誘起参照。

性交渉をもつ生理13日目~14日目

超音波検査後、医師から指導された日に性交渉をもって下さい。

黄体補充療法生理14日目以降(排卵後)

排卵後は黄体機能の維持が重要です。自然の内因性プロゲステロンで黄体を維持する方法と、黄体補充を行う方法があります。

妊娠判定生理28日目以降(生理予定開始日以降)

生理開始予定日を過ぎた時期に妊娠判定を行います。採血によりhCGホルモンを測定することで妊娠を判定します。

黄体補充療法で使用する薬品について

薬品名一覧を参照