займ на карту онлайн быстро

お知らせ

土曜・祝日の予約時間見直し、出産報告のWEB化

明けましておめでとうございます。
一昨年より研究・開発しておりました「子宮内膜増殖法」の臨床応用に対し先端医療研究倫理委員会の承認が下りました。
本治療は、iPS細胞などで知られる再生医療を応用し、着床不全の方、子宮内膜異常症、アッシャーマン症候群、原因不明で内膜が薄い、高齢などの内膜を「新しく活性化させる画期的治療」であります。
再生医療を応用して、内膜を新生させる本治療は海外ではすでに多く実施されており、日本初でも多くの研究がなされていましたが、当院が日本初の臨床応用の扉を開けることに成功しました。
「子宮内膜増殖法」は全く新しい不妊治療であり、実施の詳細をお届けできる日も近いと思います。
通院される方の一人でも多くの方に笑顔届けることが出来るよう今年も
よろしくお願いいたします。

●1、土曜・祝日の予約時間見直し
土曜・祝日の待ち時間を軽減するため次の通りに改善いたしましたので、今後は土曜祝日も「ご予約時間通り」にご来院くださいますようお願いします。
<土曜日>今まで休診時間としていた11:30、12:00、12:30、14:30も増枠。
<祝日>11:30、12:00、12:30、13:00、13:30も増枠。
*採卵・移植周期やタイミング人工授精周期の排卵日特定などWEBが満員でもお電話で予約が取れる特別枠については、通常予約の患者さんに影響がでないよう、1ターム内の人数をより制限し分散させることといたしました。

●2、妊娠後の経過(出産、流産)のご報告方法を変更いたしました。
以前より治療による妊娠、妊娠後の経過(出産、流産)については、日本産科婦人科学会への報告が義務付けられていましたが
この度、その報告をより徹底するよう学会より指導があったため、当院における出産、流産報告の形態を変更いたします。

今後の出産、流産の報告は、当院HPの【お問い合わせ】の【出産・流産報告】からお願いいたします。

出産・流産報告(当院でご妊娠された方用)

なお、既にご卒業された方で報告用のハガキをお持ちの方も、今後はHPからの報告に統一させていただきますので
現在お持ちのハガキは処分してください。