お知らせ

本日から諸体制及び料金を改定します

■新規お知らせ
1)子宮鏡検査のWeb予約化
本日より子宮鏡検査のご予約はWEBとなります。既に診察にて子宮鏡実施が決定し看護師より同意書を受け取っている方はお電話ではなくWEBにてご予約ください。予約項目名は【41 子宮鏡検査(同意書青色)*】か【42 子宮鏡下内膜スクラッチ(同意書赤色)*】のどちらか適切な方でご予約ください。なお、子宮鏡検査をこれからご希望の方は、診察にてご相談ください。子宮鏡検査の実施には医師の診断と看護師の説明が必要です。

■以下2~5は7/1と8/11配信メールのリマインド
2)8:40の診察を開始
【再診察】に8:40枠を新設
これまで9:00からであった診察を8:40開始に早めます。ただし、同時間帯は採卵当日内診の方を優先するため待ち時間はその日の採卵件数により異なります。

3)GM-CSF含有SEET法の開始
SEET法の中で妊娠率が低い簡易法を中止し、GM-CSF含有培養液に変更することで約5%の着床上昇を図ります。

4)精子凍結期間の変更
精子凍結時の凍結保管期間を半年から1年に変更いたします。なお、凍結継続の更新期間は今まで通り1年間です。

5)料金改定
以下の通り料金を改定させていただきます。
https://www.haramedical.or.jp/wordpress/wp-content/uploads/2019/07/fee20190901.pdf
一部費用は2020年3月まで据え置きとし、2020年4月より改訂いたします。

(2019年9月2日)