お知らせ配信履歴

持参精子留意点、グルー申込期限延長、利用駅調査 No.4

【1】精子保護培養液の中止について
今まで、自宅で採取した精子を検査以外の目的で使用する際には精子を保護する目的で一部の患者様には培養液も一緒に容器に入れていただいておりましたが、精子処理扱い方法の改善により使用を中止することと致します。
【2】精子持参時の留意点
精子は温度の低下とともに運動性も下がる場合がありますので、寒い日に精子を持参する場合には容器をタオルで巻くなど保温に努めてください。体温と同じ36度前後が最も適切な温度です。
*男性不妊で運動率が低い場合には奥様が持参時に容器を下着の中、胸ポケットなどに入れるなどしてご持参いただければ適切な保温ができます。
【3】ヒアルロン酸胚移植用培養液(エンブリオグルー)の申込期限変更について
今まで胚移植周期1~13日目までの申込期限を設けておりましたが、仕入れ業者の見直しにより、4月1日申込分より期限を変更し胚移植周期1日目~胚移植2日前まで(日曜除く)と申込期限を延長致します。
【4】サロン説明会について
1階の自然補完療法サロンにて、ミトコンドリアを増やしエネルギー(ATP)生産量の増加を図ることで「胚盤胞達成率の向上」など代謝活性の高い状態の維持を目的としたインディバhttp://www.2blueline.jp/menu/index.html
が追加されるにともない説明会を行っています。現在設定分の残席が少ないため以下の追加設定をいたしました。WEBの「説明会・勉強会」→「サロン説明会」よりご予約ください。
1)3月5日(土)
2)4月9日(土)
*時間は16:30~17:30
*場所はクリニック待合室
*ご夫婦での参加はできません。
*説明会にご参加の方には、「インディバ体験(3分)」と次回以降のサロンで使用いただける「2,000円キャッシュバッククーポン」をご用意しています。
【5】アンケートのお願い♪
動向調査のため、皆様が来院の際にどの駅を使用されているのか教えてください。
http://webyoyaku.jp/haramedical/custlnk.php?ty=e1qb&to=54470650456d2553b2f5d0