ブログ・体外受精説明会レポート

不妊治療の終結を一緒に考える会 第13回開催レポート (7月14日(土)開催分)

【開催日時】
2018年7月14日(土)14:30~16:30

【ゲスト】
・ みちこさん(はらメディカルクリニック元患者様)
・ 一般社団法人MoLive(モリーヴ)代表 永森咲希 様
(不妊カウンセラー/家族相談士/キャリア・コンサルタント)

【ご参加頂いた方】
・ ご夫婦での参加・・・・・・・・・・・・8名(4組)
・ お一人での参加・・・・・・・・・・・・3名

【当日のレポート】
§ 自身の体験をお話しいただいた一般社団法人MoLiveの永森咲希さんからのレポート

***** ・・・・・ ***** ・・・・・ ***** ・・・・・ *****

今回は、少人数の定員でこじんまりとした空間の中開催されました。

冒頭挨拶
はらメディカルクリニック 院長 原利夫先生からのメッセージ (総務部代弁)

医療技術の進化があるがゆえの患者さんの苦痛も、高齢での治療が可能な状況下で「治療を終わりにする」決断をすることの残酷さも、十分理解されている原院長からのメッセージ。皆さん聞き入っておられました。

原院長がこの会を主催する主たる目的は、当事者の皆さんが「今のご自身のありのままを受け入れることができるように」すること。それには皆さんに考えていただくのではなく、感じていただく時間を提供したいと思われたのが原点だそうです。「ご自身を信じ受容できれば、そこには必ず答えがある」とおっしゃる原院長ご自身が、患者さんおひとりおひとりのより良い将来を信じ、願っておられるからこそのメッセージでした。

第1部:体験談
みちこさん(はらメディカルクリニックで終結を経験した方)のお話し
永森咲希 「新しい日々のための最終章」の講演(自身の終結体験と今思うこと)

みちこさんのお話し
はらメディカルクリニックに患者として9年間通ったみちこさんが、子どもをあきらめた人生を生きる今、どのような心持でいらっしゃるか、時間の経過はみちこさんにとってどのようなものか、率直にお話しくださいました。同じクリニックに通われた患者としての当時のお気持ちと、現在の気持ちを吐露していただけるとても貴重なお話しでした。
(参加者の方々にいただいた感想)
・ 同じクリニックに通われた当事者の話を聞けて参考になった。
・ 治療終了後、しばらく経った気持ちについて聞くことができ貴重でした。
・ とても自然に終結に至った感じを受けました。
・ 終結・妊活不妊治療の方法は様々であると思いました。
・ 2人だけの生活でも上手くやっていけるという経験談は参考になりました。
・・・etc.

永森咲希のお話し
次に永森咲希より「新しい日々のための最終章」というテーマで、治療中の思い、どのような過程を踏んで治療を終わりにしたのか、あきらめた時の気持、その後~今の気持ち等々についてお話しさせていただきました。
(参加者の方々にいただいた感想)
・ スライドがとてもわかりやすかった。自分の中でモヤモヤを整理してもらった気持ちになりました。
・ 不妊治療を経験した人にしか分からない感情を聞いて共感しました。終結に向けての飛行機の着陸の例えが非常に参考になりました。
・ 終結をどのタイミングでするか分からなかったので参考になりました。
・ 自分と重なることが多く、深く心に響きました。
・ 身近な具体的な話でとても分かりやすかったです。
・・・etc.

第2部:お話し会(5~6名ずつ2グループにわかれて)

1つのグループ(A)は、ご夫婦が2組と女性1名、男性1名(ご夫婦揃って参加したものの、グループは別のグループに参加)。もう1つのグループ(B)はご夫婦が1組と女性3名。

私が担当したAグループではご夫婦の参加が多かったので、治療中の夫婦のスタンスや、気持ちの伝え合い方、どんな風に決断に向かったらいいのか・・・etc. 夫婦での取り組み方や捉え方について率直に意見交換されていらっしゃいました。初めて会う方たち同士ですが、お互い特殊性の強い治療の経験者ということで、話をしていくうちにごく自然に話ができる空気になり、「うちはこういうことが原因でこんな状況になっていて」等、ぽつぽつとご自身の状態や思いをお話されると「わかります。うちもですよ」「男の立場からすると、そういう時は・・・」「私はこういうことがとても辛くて・・・」「そんな風に思われているのは男性の立場ではわからなかった」等々、多くの視点から言葉を交わし合われ、最後は時間が短い、もっとお話ししたかったといった感想を多くいただく結果になりました。

今や6組に1組が不妊治療に携わっている社会とはいえ、このことはなかなか人に話せることでもなく、またまだまだ容易に話せる環境にもありません。当事者同士だからこそ共有し合えること、話をし合うことができるという特性を生かしたこの会の良さを、参加された皆さんに感じていただけたようでした。

【最後に】
我が子と共に人生を生きることを願い、希望をもって治療を重ねていらっしゃる皆さんすべてのもとに新しい命が生まれることを、クリニックスタッフ一同心より願っていますが、残念ながら願いが叶わない方がいらっしゃるのも現実です。

子どもができてもできなくても、この会が、皆さんのより良い人生に向けて何かのきっかけになることがあれば幸いです。

この会は、はらメディカルクリニックの患者さんはもちろんですが、外部の医療機関で治療をされている方も参加可能です。