当院の特徴

当院紹介

先進医療に人間味をプラスしていく。

1993年6月、都内初の日帰り体外受精のできる個人クリニックとしてはらメディカルクリニックは開業しました。 その後、顕微授精(ICSI)、SEET法、精子選別法なども早い時期から取り入れ、妊娠という結果を導いてまいりました。近年では、未婚女性の未受精卵の凍結保存などの治療も全国に先駆けて行い、妊娠の実績を積み重ねております。初診患者さんがはらメディカルクリニックを選ばれた理由の多くが、当院で妊娠・出産された方の紹介、口コミによるということを聞くたびに、うれしさと責任の重さを痛感します。 先駆的な診療を取り入れるとともに、漢方薬、血流改善のサロンの併設、また、42歳からの妊活教室、治療の終結を考える会など、妊娠できなかった場合なども含め、妊娠がゴールでない女性の生涯を見据えた診療を行っています。開業以来20年が過ぎ、大きな医療事故もなく日々診療にあたってまいりました。さらに、近い将来、PGD、PGSと呼ばれる出生前診断にむけ、はらメディカルクリニックでも 準備が始まっています。 先進医療に人間味をプラスしていく、これがはらメディカルクリニックのモットーであることをお伝えします。

① 豊富な臨床経験

日本は世界で最も不妊治療施設が多い国として有名ですが、その90%以上が年間採卵数300件以下の施設といわれています。その中ではらメディカルクリニックは、年間1000件~1800件の採卵実績があり、都内でも臨床数の多い施設です。臨床数の多さは安定した培養体制を作り出し、胚培養士の技術力向上に繋がります。365日、培養器内の温度、湿度、空気比重を一定に保ち、日によって変わる採卵件数に対応できる環境で日々胚操作を行う培養士は、難しい症例にも対応が可能です。

② あなたに最適なオーダーメイド不妊治療

体外受精だけでも11万通り以上の治療選択があり、その方に必要な検査、最適な治療をご用意しています。治療に対するご希望は、都度、要望書にて確認し無駄のない治療法を検討します。医師の判断を仰ぐこともご希望の治療にトライすることも、ご夫婦の意思を限りなく尊重致します。

③ 統合医療で治療の質を向上

はらメディカルクリニックではさまざまな医療を融合した患者中心の医療を目指しています。科学的な近代西洋医学のみならず、漢方や鍼灸といった東洋医学と補完医療を広く検討していきます。「着床不全外来」「泌尿器科外来」など専門医による多角的なアプローチと、クリニック併設の「鍼灸院」での施術といった「統合医療」をご提案いたします。質の高いエビデンス(根拠)に基づいて安全性と有効性をしっかり見極め、お一人お一人にとって最適な治療をご案内いたします。

④ 医療者と直接相談できる。

はらメディカルクリニックでは「胚培養士」「看護師」「不妊カウンセラー」「臨床心理士」といった専門分野をもつスタッフに直接治療相談することができる体制を多く整えています。また「体外受精説明会」や「不妊治療の終結を一緒に考える会」「おしゃべり会」などの勉強会や患者交流の場を設け、医学的な側面と環境的な側面の両面から患者様を最後までサポートし、納得して治療が進められるよう取り組んでいます。

不妊は治らない。
授かるためにできる治療を一緒に。