不妊症・男性不妊・人工授精・体外受精・胚移植・AID・精子バンク等の不妊治療・不妊専門クリニック。

ブログ・体外受精説明会レポート

体外受精説明会レポート(2021年3月20日(土)開催分)

【開催日時】
2021年3月20日(土)
16:30~18:00


【ご参加頂いた方】
・参加人数・・・80名(Zoomでの参加含む)


【頂いたご意見】
・とても分かりやすかったです。
・初めてこのような説明会に参加しましたがとても分かりやすく、今まで色々不安だったことがほとんどなくなり、前向きに不妊治療を始めることができそうです。
・クリニック全体の手厚いサポートの雰囲気を感じ取れる内容でした。スライドも印刷されたものを配布いただけると嬉しいです。


【頂いたご質問】
Q 現在42歳。他の施設では体外受精しかないと言われました。はらメディカルクリニックでも体外受精しかできないのでしょうか。
A 年齢のことを考えるとすぐにでも体外受精を始められた方がいいと思います。42歳の方の人工授精での妊娠率は5%もないくらいですので、体外受精をお勧めします。
ただし、体外受精以外ができないということではありません。体外受精を希望した周期に卵胞の数が思ったよりも増えなかった場合など、直前で採卵をやめ、人工授精に切り替えることもできます。

Q 現在妻が43歳。AMH 0.05でFSHが高いと言われました。採卵で卵子は採取できますか。
A 41-43歳の方の中刺激での平均採卵数は3.5個ですので、それよりも取れる数は少なくなると思います。

Q 卵子の数を増やすためにできることはありますか。
A DHEAのサプリメントを4-5か月飲み続けるとAMHの上昇、採卵数の増加が期待できます。ただ、年齢的にはなるべく早く採卵をした方がいいです。

Q 現在38歳、2年前にAMHには問題なく、シリンジ法でタイミングを取っていますがいますが妊娠しません。
A シリンジ法よりも、精子を洗浄・濃縮してから子宮へ注入する人工授精をした方がいいと思います。ただし、人工授精を5回ほどしても妊娠しない場合は、他に不妊の原因が考えられるため、体外受精を検討してください

Q 夫の仕事が忙しく、採卵当日に精子を用意できない場合はどうしたらいいでしょうか。
A 事前に精子凍結をしてください。ただし、凍結精子は融解後に所見が悪くなるため、IVFを選択できず、ICSIしかできなくなってしまう可能性が高くなります。

Q 夫がへビースモーカーです。精子に影響ありますか。
A 影響あります。できるだけタバコを控えるようにしてください。精子の質の改善にはSOサポートというサプリメントがお勧めです。

Q 他院で何度も高刺激で採卵していますがなかなか胚盤胞になりません。妻38歳、AMH0.38ですがはらメディカルクリニックで採卵するとしたら何個採卵できますか。
A 38-40歳ですと高刺激アンタゴニスト法で3.6個、ショート法で12.5個となっております。刺激方法もホルモン値や今までの治療経過などを合わせてご提案できると思います。

Q はらメディカルクリニックでは胚盤胞凍結するためになにかできることはありますか。
A タイムラプス培養というものがあり、胚盤胞到達率が上昇するという統計が出ていますのでぜひ当院で採卵のさいはご検討いただければと思います。

Q 去年の11月に頭の手術をしました。造影剤を使用したMRIやCTもしていますが自分の体の状態として不妊治療はできますか。
A 手術の内容、ご病気など詳しいことがわからない状態なので確実に治療ができるかは申し上げにくい状態です。頭のご病気の主治医に確認いただくのが確実かとは思います。主治医の許可があれば当院で治療は可能だとは思いますので初診登録をお願いいたします。

Q 夫が飲酒しているのだがやめた方がいいのか。精子検査などは今までしたことがない。
A 精子の状態がわからないということなので精子検査後結果不良などがあれば禁酒いただくのもよいかもしれません。精子の改善にはサプリメントなどもありますので、まずは精子検査からおすすめします。

Q 他院で採卵を何度もしているが採卵自体がなかなかできない。45歳だがはらメディカルクリニックでも採卵できますか。
A 45歳でも治療可能です。

Q 初診はまだなのですが、電話で相談はできますか。
A 初診登録をしていただいて、一度初診はご来院いただく形となります。その後電話診療や看護師相談などもありますのでご活用ください。

Q 採卵日が日曜に当たったらどうするのでしょうか。
A 日曜日にならないようにLHサージを行う予定を立てています。アンタゴニストやボルタレンを使って排卵しないようにするなどもしています。

Q 付き添いはできませんか。
A コロナが落ち着いてきたら、社会情勢に合わせて付き添いも可能になるとは思いますが現時点では未定です。

Q サウナはだめですか。
A 精子は熱に弱いので過度の利用は控えた方がいいかもしれません。

Q 男性不妊外来は人気ですか。
A はい、予約が埋まりやすくなってますのでお早めにご予約ください。

Q 男性も他院の検査結果で検査は免除されますか。
A 1年以内の結果なら感染症など免除項目があります。

Q DFI検査はやったほうがいいですか
A 培養三日目以降の成績に関係するのでおすすめしてます。

Q 男性不妊外来受診の注意点はありますか。
A 先に検査を受けて、結果が出揃ってからの受診だとスムーズです。

Q 人工授精からステップアップしようか悩んでいます。
A 年齢や経済状況などご夫婦で決定するしかないと思いますが、人工授精と体外受精ではそもそもの妊娠率が違います。卵子の質という点が妊娠率に大きく関わってくるので、そのへんを考慮したうえでご検討ください。

Q 出来るだけ早く採卵した方がいいのでしょうか。
A 取れる数、胚盤胞到達率などは年齢に大きくかかわってきますので早い方が妊娠率は高くなります。移植は後でも採卵は先にして凍結しておく方もいます。

Q 治療相談室に行ってみようか悩んでます。
A 経験豊富なスタッフが対応します。ぜひご利用ください。

Q 初診のタイミングはいつがいいでしょうか。
A すぐに採卵をお考えでしたら月経周期2.3日目にご予約をお取りください。

Q 院長は診察の時に質問に答えてくれますか。
A 優しいのでなんでも質問して大丈夫です。受診のたびに看護師10分相談を無料で受けることもできますので、疑問や不安をそのままにしないで通院いただけます。

Q Piezo-ICSIは通常のICSIよりもストレスが少ない方法なんですよね。どう思いますか。
A はい。通常のICSIですと尖ったガラス管を用いて透明帯うあ細胞膜に吸引圧をかけて破り精子を入れるのですが、PiezoICSIは先が平坦なガラス管を用いて極微動の振動を使って透明帯・細胞膜を破いて侵入するた通常のICSIよりもマイルドな方法で卵子へのストレスを少なく行うことができます。そのためICSI後の変性率を低下が期待できます。また卵子自体にかかるストレスが少ないためICSIによる影響も少ないので、ICSIとPiezo-ICSIでしたらPiezo-ICSIをお薦めします。

Q 今まで通っていたクリニックの先生は質問がしづらい空気だったのですが、はらメディカルクリニックの先生方はどうですか。
A 私自身は宮﨑院長は優しく、比較的ゆっくりとお話ししてくださる先生だと思っています。ほかの非常勤の先生方も優しい先生が多いと思いますのでご安心ください。
診察で質問ができなかった場合は看護師10分相談などサポートできる体制も整えていますのでご安心ください。

ご不明な点がありましたらお問い合わせください