体外受精説明会のレポート

体外受精説明会レポート(2月8日土開催分)

【開催日時】
2月8日(土)
14:00~16:30
【ご参加頂いた方】
・参加人数・・・85名
→ご夫婦での参加 ・・・・・・・・・・・・68名(34組)
→おひとりでの参加・・・・・・・・・・・・17名
・クリニックの通院について
→当院通院中の方 ・・・・・・・・・・・・69名
→他院通院中の方 ・・・・・・・・・・・・16名
・体外受精の経験
→あり ・・・・・・・・・・・・34名
→なし ・・・・・・・・・・・・6名
→回答なし・・・・・・・・・45名
【頂いたご意見】
・多くの資料、データ情報があってもイメージが湧かせる事が難しい状況で体外受精に対しての不安が募っていましたが、本日の説明会で良く分かりました。前に進めそうです。このような会に参加させて頂け本当に良かったと思います。
・サロンには大変興味があるのですが、待ち時間が半年なのは残念でした。
・N値が不明。
・体外受精に関して全く知識がなかったのでゼロから勉強できてとても参考になりました。雪の日にも関わらず、満席でまわりの方のモチベーションの高さにも刺激を受けました。普段、原院長とお話することがなかなかできないので、一対多ではありましたが安心信頼できました。
・大変なことが分かりました。
・症例数も教えてほしいです。
・一部分かりづらいところもありましたが、不安に思ったり疑問に感じていた事も解消されとても有意義な時間でした。参加させて頂いて良かったです。通院について改めて予約させて頂きます。ありがとうございました。
・お菓子など配られて感動しました。
・体外受精について流れや費用感など非常に分かりやすく説明して頂きました。前向きに検討したいと思っております。本日はありがとうございました。
・パンフレットが丁寧なのであまりそれ以上の内容は多くなかった。動画は豊富で良かった。胚移植後の情報が少ない(ファイルに事前にはETの項もない)。ツーブルーラインのサロンからの説明は表現がおもしろかったです。しかし、予約が取れないだけに説明だけ伺っても…。自分で灸をやってみようかと思います。少し部屋が暑くなり、空気のせいか頭がもうろうとしてきました。
・何も知らず参加しましたが、だいぶイメージがわきました。ありがとうございました。
・院長自らの説枚と、プレゼンテーションの内容・構成に患者を大切にしたいという思いが込められていました。
・全体的に分かりやすい内容でした。今後検討してみたいと思います。ありがとうございました。
・とても分かりやすい説明でした。
・先生の話が聞けて良かった。いつもほぼ話せないから。スライド精子の基準値とか書きたかったけど早く変わってしまって(その先も)残念でした。
【頂いたご質問】
Q 私は44歳だが、タイミングより体外受精の方がよいか
A 高齢ですので、卵子の染色体異常率や、卵巣の具合を考えると、体外受精の方が確率が高くなります。ただし、44歳ですの
  で、体外受精でも  確率は低くなります。
Q 移植は凍結の方が良いか
A 凍結の方が内膜やホルモンの状態を良い状態にして戻せるので、妊娠率は凍結の方が高くなります
Q 流産1回の経験があるが、GM-CSFを使用した方がよいか
A 1回では偶然か必然かはわからないので、なんともいえないです(.GM-CSFの説明も合わせて行いました)
Q 採卵希望でDay3採血時、E2の値が高かった。その後卵胞チェックで様子をみたが、卵巣が反応していないようで中止になっ
  た。卵が無いからと言われたが、どのような意味ですか?自分の卵巣はダメなんですか
A 採血の結果と卵胞の発育具合から、その卵胞が前周期の残りと判断されたため、採卵しても意味がない。
  卵胞が見えても卵があるわけではない。
  周期によって卵胞も変わるのでダメということはないです。