スタッフコラム・ブログ

気候とこころの関係【生殖心理カウンセラーより】

こんにちは。生殖心理カウンセラーの菅谷です。
寒い日が続いていますがいかがお過ごしでしょうか?
最近は冬至の頃より日の入りが遅くなり、季節の移り変わりを感じます。
「春眠暁を覚えず」
という言葉がありますが、春とは眠気を感じるものです。
人間の身体も太陽の動きに合わせて微妙に変化しています。
日照時間が伸びていく期間は、活動量を増やせるようパワーをあげて調整しているので、身体にとっては負担がかかっているのです。
身体の負担が増えるということは、こころへの影響もあります。
この時期、この影響として憂鬱になる方も少なくないのです。
身体が眠っていた冬から芽吹きの春にかけて、心も自然と調整しているのです。
エネルギーを落として生活していたのに、太陽に無理やり起こされているイメージでしょうか?
このような状態は異常なことではなく、当たり前の変化と捉えていただいてよいと思います。
(もちろん常軌を逸している場合は受診が必要なこともあります。)
そこで、提案したいのが正しい姿勢をとるということです。
“気分がふさぐと背中が丸くなる”
ことはご理解していただけると思いますが、逆に、
“姿勢を良くしていると気分も晴れる”
ということも起こるのです。
背筋をさっそうと伸ばし春の街を軽やかに歩いてみましょう。
骨盤内の血流アップも期待できそうですね。