スタッフコラム・ブログ

「ご夫婦で不妊を語る会」について【生殖心理カウンセラーより】

こんにちは。生殖心理カウンセラーの菅谷です。
クリニックからのメール配信でご案内いたしましたように、4月から「ご夫婦で不妊を語る会」を開くことになりました。
ご興味を持っていただいている方は多いようですが、実際のお申し込みとなると躊躇されるのか、まだお席がございますので宣伝させていただきます。
女性だけの集まりはありますが、ご夫婦単位での企画は珍しいようです。
今回はあえて「ご夫婦」に焦点を当ててみました。
家に帰ってからご主人に「こんなだったよ」と報告していただく必要はありません。
まさに「共有」です。
堅苦しい場でなくフランクにおしゃべりしていただきたいと考えています。
「不妊」をご夫婦で、同じように受けとめるのは難しいことです。
それは当然です。
男性と女性では、受ける医療も感じ方も異なります。
「語る会」ではこのようなことにも触れたいと考えています。
さらに大切なことは何かというと「お互いを理解する」ということです。
相手にとって良かれと思っての言動が、実は逆かもしれません。
このような一般的な実情と、自分たち夫婦の実際を踏まえ、改めて夫婦関係を見直してみましょう。
毎日の生活が充実するためにもご夫婦の関係は大切です。
お子さんを待っているからこそ、今の2人の生活も楽しんでいただきたいのです。
子どもを育てていくのはご夫婦2人であり、話し合わなければいけないことも増えていきます。
今の段階で上手にコミュニケーションを取るコツをつかんでおきましょう。
そんな目的を共有する会です。
アットホームな会にしたいと思っておりますので、安心してご参加下さい。