スタッフコラム・ブログ

むくみ解消法【サロンより】

こんにちは。
震災から3週間が経とうとしています。今わたしたちができることは限られていますが、節電や節水などできることを行っていきたいと思います。サロンにおきましても、節電などでご不便をおかけしておりますが、皆様のご協力、心より感謝しております。今後もしばらく続くと思いますが、ご協力よろしくお願いいたします。
さて、今回はサロンにいらっしゃる多くの患者様が頭を悩ませているむくみについて、少しお話したいと思います。むくみ(浮腫み)は、女性なら誰でも感じたことがあるのではないでしょうか。
朝、鏡で顔をみるとなんとなく頬やあごがふっくらとしていたり、まぶたが腫れぼったいと感じたことはありませんか?立ち仕事や、ディスクワークの多い方は、足がむくんで会社帰りにブーツが履けない、靴下やストッキングの跡がくっきり残っているという経験はありませんか?
一般的に、むくみの原因は、水分の取りすぎや、塩分の摂りすぎといわれます。
また長時間座ったまま、立ったままなどの同じ姿勢での仕事や作業などによる疲労、そして寝不足なども、むくみの大きな原因となります。女性であれば、生理の時にもむくみやすくなります。
そこで、むくみをとる有効な方法の1つとしてリンパマッサージがあげられます。
リンパマッサージとは、全身に網の目のように張りめぐらされているリンパ管の流れをよくするマッサージのことです。なんらかの原因で、リンパ管のなかを流れるリンパ液の流れが悪くなると、体内に余分な水分や老廃物がたまってしまいます。じつは、これがむくみを引き起こします。
むくみの強い箇所周辺のリンパ節を正しく刺激すると、リンパ液の流れがよくなり、不快症状も解消されます。流れの滞ったリンパ液をサラサラと流すことが、リンパマッサージです。
しかし、マッサージと言っても、どこをどう押せば良いのか・・・。と、難しく感じてしまいます。そこで、入浴の際に簡単にできるシャワーの水圧を利用したリンパマッサージを紹介したいと思います。
温度設定は約40度くらい。ちょっと強めの水圧で、気持ちいいくらいの刺激で行います。
そして、リンパ節《リンパ節は全身に600箇所あるといわれますが、リンパマッサージをする際に知っておいていただきたいのは6箇所です。鎖骨のくぼみ、首、わきの下、足のつけ根、ひざの裏、アキレス腱まわりです。》心臓に遠いところから、リンパ節からリンパ節に沿って行うと老廃物が排泄されやすくなります。各部位に30秒~1分くらいあてて行ってください。にシャワーの水をあてます。
心臓に遠いところから、リンパ節からリンパ節に沿って行うと老廃物が排泄されやすくなります。各部位に30秒~1分くらいあてて行ってください。
シャワーの水圧と温かいお湯でのマッサージはむくみと、さらに冷え性の改善にもなります。
とても簡単に行えますので、ぜひお試しください。