スタッフコラム・ブログ

「夜と霧」【生殖心理カウンセラーより】

こんにちは、生殖心理カウンセラーの菅谷です。
先日、ヴィクトール・E・フランクルという精神科医の「夜と霧」という本を読みました。
かねてよりずっと読んでみたいと思っていたのですが、なかなか読めませんでした。
震災後「生きる」ということの意味が問われる機会が増えたのと同時に、この本についての記事をよく目にするようになり、やっと読めたという感じです。。
この本は、フランクルがナチスにより強制収容所に入れられた体験を元に「収容所に入れられている人間の典型的な特徴を心理学の観点から記述し、精神病理学の立場で解明しようとする試み」として書かれたものです。
臨床心理学の授業の中でこの本について触れた箇所があったと思います。
過酷な状況に陥っても人間には精神活動の自由があり、内面的な世界が豊かな人ほど過酷さに耐えられた傾向がある、ということでした。
改めて自分で読んでみると、「人間の内面は外的な運命よりも強靭なのだ」という箇所が目に付きました。「人間はどこにいても運命と対峙させられ、ただもう苦しいという状況から精神的に何かをなしとげるかどうか、という決断を迫られるのだ。」
フランクル自身の体験談というだけでなく、人間にとって普遍的なこととして書かれているので、様々な状況の方に当てはまり、今の時代に生きる私たちを勇気付けてくれる内容でした。
新版が出てますので文章も読みやすいです。
どこの図書館にもあると思います。
少し哲学的な思考をされたいときにぜひお薦めです。