スタッフコラム・ブログ

精子調製法(swim up法)について【培養部より】

今回は、ご質問が多い精子の処理について当院の方法をお伝えします。
採取された精子は粘調度が高くゼリー状になっています。30分程度室温に静置することにより液体状になります。持ち込まれた全ての精液はサラサラな液体になっているか確認し不純物の混入があったときはそれを取り除きます。不純物が多すぎる場合は特別な精子用のフィルターにかけ精液を綺麗にしてあげます。
サラサラの場合は直ぐに洗浄・濃縮処理を行います。また、サラサラになっていない場合は培養液などを加え十分に液化(サラサラの状態)させその後、洗浄・濃縮します。
人工授精はこの状態の濃縮洗浄精子で行いますが、体外受精の場合には更に過酷なハードルが待ち構えています。
そのハードルが、当院で行っている特別なswim up法です。
培養液のプールの中に高い高い壁を作り、それを頂上まで登りきった精子のみが隣のプールに入れるというものです(人間で言うとロッククライミングみたいなもの…かも?)。そして隣のプールまで行けた良い精子だけが体外受精に使用されます。
Swim up法の良い点は、高速運動精子・直進精子を集める事が出来る点です。
完全には防げませんが、奇形の精子には越えにくい壁ですので奇形率の低下にも役立ちます。(奇形の精子が全て遺伝子異常というわけではないのですが…。)
このように、体外受精に選ばれる精子はとっても大変な課題をクリアした精子のみが使用されていますので、卵・精子共に誉めてあげて下さい。
また当院でのswim up法を使用すると、他院では顕微受精しか出来ないと言われた方でも体外受精を選択できる方もいらっしゃいますので、不安や疑問なんでも結構ですのでお気軽に培養士にご相談下さい。