スタッフコラム・ブログ

おうち薬膳のすすめ その③【サロンより】

こんにちは、サロンです。
ここ数日、気温も下がり、木々も色づき始めて、すっかり秋ですね。
空気も乾燥し始め、電車や路を行き交う人の中にマスクをしている方を
目にする季節になりました。
今回は、以前ご紹介いたしました
『おうち薬膳のすすめ(その①2011.3.3 P.7/その②2011.5.27 P.5)』の
その③をご紹介いたします。
その前に、以前の「おさらい」です。
食材や中薬には『五つの気(五気)』と『六つの味(六味)』があり、それらが
作用しやすい身体の部位や経絡があるとされています。
日々の食卓に登場する食材も同様で、食材の組み合わせを意識するだけで
立派な『薬膳』になります。
これからの冬に向けて、徐々に気温も下がりはじめ、外気は乾燥気味になります。
秋に負担がかかりやすい『肺』は全身の気の動きを調節し、呼吸や水分の代謝を
コントロールします。疲労や胃腸の不調があると、体内の津液(体液)が損傷しや
すくなり、から咳や鼻の乾き、肌の乾燥などのトラブルが起こりやすくなります。
今回は、この季節に合わせて、『肺・胃』に作用し、身体を温める・血流改善・鎮痛
作用などがある五気の『温・熱』の食材を使ったお鍋料理『根菜たっぷりつくね鍋』を
ご紹介いたします。
消化吸収の良い鶏肉に、健胃作用のあるミカンの皮(陳皮:チンピ)を入れ、胃腸を
温めるカブなどと煮込んだお鍋料理。ナツメにはイライラを鎮める作用もあり、
身体の内側からホッと出来そうな、風邪対策にも良い一品です。是非、お試しください。
・根菜たっぷりつくね鍋
 材料2人分
鶏ひき肉         200g
ミカンの皮(陳皮)     3g
長ねぎ(みじん切り)  10㎝
生姜(みじん切り)   1/2片
里芋           小6個
人参            50g
干ししいたけ       3枚
ナツメ           6個

酒           大さじ1
薄口しょうゆ     小さじ2
塩             少々
片栗粉        小さじ2
カブ(葉付き)      1株
B 
チキンスープ     600cc
酒            小さじ1
塩             少々
こしょう          少々
①ミカンの皮は、ひたひたのぬるま湯で戻し、みじん切りにする。
ボールに鶏ひき肉を入れ『A』を加えて混ぜ、ミカンの皮、長ねぎ、
生姜を加えて混ぜ6等分にして丸める。
②カブの根はくし形に切り、葉は3㎝の長さに切る。
人参は半月切りにし、里芋は皮をむき一口大に切る。
ナツメ、干ししいたけはぬるま湯で戻し、干ししいたけはそぎ切りにする。
③鍋に油を熱し、①の肉を入れて表面を軽く焼き、②のカブ、人参、里芋、
ナツメ、干ししいたけと『B』を加えて中火で煮る。
④里芋に火が通ったらカブの葉を加え、酒、塩、こしょう(分量外)で味を調え仕上げる。