スタッフコラム・ブログ

わかってもらえない気持ち【生殖心理カウンセラーより】

2013年が本格的にスタートしました。
気持ちも新たに!といきたいところですが、年末年始をはさみ、親戚の集まりや年賀状の写真など、心揺さぶられるようなこともおありだったと存じます。
「どうしてわかってくれないんだろう?」
どうしてもこう感じてしまいます。
親戚や友達は、自分自身とは別の人間なので、別の価値観を持っています。
まして、普段私たちがどのようなことをしているか、どのようなことを考えているかも詳細には知りません。
いっそ、世の中の大方の人から
「わかってもらえなくて当たり前なんだ。」
ということをわかってしまいましょう。
それはお互い様かもしれませんし。
「気持ちがわかってもらえる」ことは大変貴重なのです。
だからこそご夫婦の関わりが大切になります。
ご夫婦の間で分かり合えていればいいのです。
ですから、治療のこともぜひお話し下さい。
今日はどんなことをしたのか、今度はいつ行くのか。
ご主人も、奥様の状況を共有してください。
一緒に生きるためにご結婚されたのですから、目の前のご主人(奥様)と共にいてください。
お互いの一番の理解者でいてください。
そうできてなかったら・・・?
カウンセリングでお待ちしています。
今年も自分らしく生きていきましょう。