スタッフコラム・ブログ

5月病【看護部より】

こんにちは、看護部です。
新緑のまぶしい、さわやかな季節となりました。
私は、2月より入職させていただきました新人看護師です。新人とは言いましても、前職も不妊専門クリニックに勤めており、年齢的にも三十路を疾うに越えていますので、フレッシュ感は全くありませんが、気持ちとしては新たな場所で、新たなスタッフとともに、患者様の治療のお手伝いをさせていただきたいと思っておりますので、今後ともよろしくお願い致します。
さて、GWも明けましたが、皆様いかが過ごされましたでしょうか。
今年のGWは大型連休とはいかず、消費税アップもともなったため遠方へお出かけされる方は少なかったようですね。
GWが明けると出てくるのが「5月病」。これはよく新入社員に言われることですが、それと似たもので、「ブルーマンデー(月曜日病)」というものもあります。
週明けの月曜日に体調が悪くなる、前日の夜に眠れなくなるなど、月曜日特有の心身の不調を指します。余談ですが「サザエさん症候群」とも呼ばれています。これには「わかる…」と同感する方もいらっしゃるのではないでしょうか。
うまくストレスを発散させるためにも、休日はゆとりを持ったスケジュールで過ごしたり、「今日1日を頑張ろう」と考えすぎないことも大切ですよね。やる気がない朝こそ、少し早目に起きてみてもいいかもしれません。
ブルーマンデーに限らず、憂鬱なことを「ブルー(青色)」といいますが、一方で青系統や緑系統の色は自然界に多く存在し、壮大で雄大な大自然のイメージを持ちあわせていますし、心が落ち着く色でもあります。
下着、洋服、小物類などに青を取り入れて、リラックスしてみてはいかがでしょうか。
ちなみに私は、忙しいときは闘士に火をつけるような赤を選んでしまうのですが、赤は緊張・興奮させるみたいなので、次回からは青系統にしていこうと思います。そうしたらもう少し落ち着いて仕事できるでしょうか…。
5月晴れの空のように、皆様が晴れやかな気持ちでお過ごしになれますように。