スタッフコラム・ブログ

花粉症に効くツボ【サロンより】

こんにちは。サロンです。
寒い日が続く中で、梅のつぼみがほころぶ季節となりました。
皆様はいかがお過ごしですか。
この時期少しずつ鼻のムズムズ感や、目がショボショボといった花粉症状が出始めていらっしゃいませんか?今年は前年の2~3倍のスギ・ヒノキ花粉が飛散すると報告されています。
そこで、簡単にご自身でできる花粉症状に効果的なツボを3つご紹介いたします。
◇目のかゆみに効くツボ
 攅竹(さんちく):眉毛内側の陥凹部
 ◎やさしくゆっくりおしてください。婦人科系症状にも効果的です!
◇鼻水に効くツボ
 上星(じょうせい):頭部にあり、鼻からまっすぐにおでこをとおって、
          髪の生え際より親指一つ分上がった部分
 ◎鼻の方向にむかって、ゆっくりおしてください。鼻の通りがよくなります。
◇頭痛、目の充血、のどの痛み
 合谷(ごうこく):手の甲を上にして、親指と人差し指の付け根の間
 ◎押すと圧痛みがあります。肩こりにも効果的です!
ぜひお試しください!!
ツボのご紹介と同時に少し応用雑学編です☆
東洋医学でみると花粉症は「体の水分バランス異常」と捉えます。
鼻水、涙がでる=体から余分な水分がでていると考え
「体内に余分な水分を蓄積している、水分のめぐりが滞っている」体質の
人(水毒と呼びます)が花粉症になるといわれいてます。
冷たい物を採りすぎたり、ストレスや寝不足、運動不足などで体内の消化吸収がうまく行われず体内に余分な水分が溜まりやすくなると水毒症状になるので、ぜひ水分代謝を意識して適度な運動やお灸を一日1ケ所~3ケ所すると芯部が温められ巡りがよくなり代謝を促すといわれています。
サロンでは皆様に「お灸シール」を貼らせていただき症状にあったツボをご紹介してご好評いただいております。ぜひお立ち寄りくださいませ。