スタッフコラム・ブログ

『鉄』のお話【看護部より】

こんにちは看護部です。
今日から5月すっかり温かくなりすごしやすくなってきましたね。
ゴールデンウィークはいかがすごしていますか??
今日は身体に必要な栄養素『鉄』のお話をしたいと思います。
『鉄』はどんな働きをしてくれていると思いますか。
鉄が不足すると貧血になるイメージ一番強いと思いますが、実は『鉄』にはいろいろな働があるのです!!
鉄の働きとは!?
○赤血球を作る  ○体内に酸素を運ぶ  ○骨・皮膚・粘膜の代謝に働く
○コラーゲンの再合成に働く  ○白血球・免疫に影響する
○知能、情動に影響する  ○消化管に影響する   ○筋肉を収縮させる
                ⇓
                ⇓
不足すると!!!
●シミが増える、消えない   ●肌の張りが無くなる
●ニキビができる、治らない(特にアゴのまわり) ●爪が変形する
●貧血、頭痛、耳鳴りがする  ●手足が冷える  ●疲れる、イライラする
●集中力がなくなる  ●粘膜が弱くなる
その他にも、あざが出来やすい、髪の毛が抜けやすい、朝が起きられない等の症状が現れます。
このように鉄は、健康や美容の観点からも女性には不足してはいけないものです。
さらに、鉄は粘膜を作る材料になる為、鉄が不足していると十分な子宮環境が整えられず、赤ちゃんにとって居心地が悪い状態になってしまうのです。
いつ赤ちゃんが来てもいいように日頃から鉄を摂取していきたいものですね。
月経で一定量の鉄を消耗してしまう女性は男性に比べて鉄を多く取らなければなりません。
必要量は1日約2gmです。
鉄が多く含まれている食品をご紹介します。
◎あさり ◎豚レバー ◎鶏レバー ◎スモークレバー ◎牛もも赤身肉
◎牛レバー ◎カツオ ◎煮干し ◎イワシ ◎ほうれんそう
この中でも動物性食品に含まれるヘム鉄(タンパクと結合した鉄)は身体への吸収が良いので、レバーなど苦手な方も多いと思いますが、レモンや牛乳などで臭みを取るなどして積極的にとるようにしてみてください。