スタッフコラム・ブログ

最後のコラム 【生殖心理カウンセラーより】

こんにちは、生殖心理カウンセラーの菅谷です。
このコラムの担当も最後となりました。
最後にお伝えしたいことはなんだろう?と考えてみましたが、想いがあふれてしまって絞るのが難しいです。
最近私が考えていることの1つに、「人生ってなかなか難しいな」ということがあります。
思ったようにものごとが進まない。
暗黙の了解だと思っていたことが、実はそうではなかった。
良かれと思ってしたことが、悪い方へ進んでしまった。
など、生きていれば色々とあります。
でも、その場面で自分の行動をどう取るかという判断によって、その後の自分自身が変わっていくことになります。
たまにはいじけてみるのも少し楽しかったりしますが、そればかりでは前進していけないかもしれません。
ほかの人からどう見えるかを気にしすぎてしまったり、自分で一度決めたことに縛られてしまったり、ということで、生きにくさを感じるのはもったいないと思います。
きっと、自分自身の方向性は、柔軟さを持って修正していって良いものなのでしょう。
「絶対」はないのだと思います。
「絶対そうでなければダメ」と思っている自分の考えが、自分自身の足かせになっているかもしれません。
どのような状況に陥っても気高さを忘れずに、自分を応援し続けていきたいものです。
昨日より少しでも高いところへ。
そうした姿勢には、きっとプラスになる出来事がついてきます。
皆様の毎日を輝いたものにしていっていただきたい、と願っております。
それを可能にするのは、心の持ち様次第ということです。
今まで本当にありがとうございました。
皆様の人生がきらきらしたものでありますように!
最後に私の好きな言葉をお贈りします。
「運命を楽しみましょう!」