スタッフコラム・ブログ

カフェインの効果【サロンより】

こんにちはサロンです。
妊娠に向けて治療を行っている方の多くに、カフェイン摂取を気にされる方が多くいらっしゃいます。特にコーヒーが好きな方はなるべく飲む量を抑え、我慢されているというお話をよくうかがいます。では、カフェインには良いことも含め、どのような作用(効果)があるのでしょうか。
カフェインとは
カフェインはアルカロイドという化合物の仲間です。覚醒作用や解熱鎮痛作用があり、眠気、倦怠感、頭痛に対する効果がある医薬品としても使用されています。
作用
・覚醒作用
・血管拡張作用
・交感神経刺激(基礎代謝促進)
・胃酸分泌促進作用
・利尿作用
カフェインは少量の摂取であれば上記のような良い作用も得られます。しかし摂りすぎは逆に頭痛、不安感や下痢などを引き起こします。また、カフェインに対する感受性は個人差があり、年齢、体重や心身の健康状態なども影響してきます。
海外ではカフェインの安全な摂取量を定めている国もありますが、厚生労働省と食品安全委員会によると、日本ではカフェインの食品添加物としての使用量や、1日当たりの摂取許容量の基準はありません。
カフェインはコーヒーや紅茶、緑茶にも含まれていますが、1日に一杯程度であれば問題がないようです。また、紅茶や緑茶のカフェインは一番煎じが最も多く、二番煎じになると含まれる量はかなり減るそうです。摂りすぎはよくありませんが、適量であれば作業能力や運動能力を向上さる効果があります。
カフェインを気にされる方は、1日に1回美味しいコーヒーを入れて仕事の疲れを癒したり、リフレッシュをしてみてはいかがでしょうか。