スタッフコラム・ブログ

アロマの虫除けスプレーの作り方【サロンより】

いよいよ東京も梅雨明けし夏本番がやってきました。
花火大会やアウトドア、キャンプなどで外出の際気を付けたいのが虫除けです。
私はこの季節になるとアロマの虫除けスプレーを作り持ち歩いています。
本日はレシピをお伝え致します。
アロマテラピーとは、ハーブ、花、果実、葉、種などの植物から抽出した天然のエッセンシャルオイルを用いた芳香療法のことですが、人間にはリラックス効果のある香りでも、虫には苦手な香りがたくさんあります。植物は自分の体を害虫などから守るために、虫の嫌いな香りを出して自分を守っているのです。この香りを利用すればご自宅で簡単に、虫を寄せ付けない天然の虫除けスプレーを作ることができます。
【用意するもの】
・レモングラス(アロマオイル)
・ゼラニウム(アロマオイル)
・無水エタノール
・精製水(ミネラルウォーターでも可能)
・スプレー式ボトル(容量50ml)
・計量カップやビーカー、スポイトなど
今回はレモングラスとゼラニウムというアロマオイルを使って、肌に直接使用するのではなく、衣類に香らせる程度の濃度で作ります。他にラベンダーやユーカリなどの柑橘系の香りも虫除けには有効ですが、お肌へ直接ご使用される場合は必ずパッチテストをするなど使用上の注意を守り、不明な点はセラピストに相談しましょう。
【作り方】
1.計量ビーカーに無水エタノールを5ml入れます。
2.アロマオイルを全部で10滴未満加えます。
3.精製水を45ml加え、混ぜ合わせます。
4.スプレー式の容器に移し替えて使用します。
以上で濃度1%未満の虫除けアロマスプレーの出来上がりです。計量ビーカーやスポイトなどがあれば便利ですが、目盛りの書いてあるスプレー容器もたくさん市販されています。
【使用上の注意】
・使用前には良く振ってください。
・目や口に入らないよう、風向きには注意しましょう。
・保存料などを含まないので、作ったら2週間以内に使い切るようにしましょう。
・保管する場合は、高温多湿の場所は避けましょう。
・風通しが良く日光の当たらない場所へ、冷蔵庫はNGです。
肌に直接スプレーしなくても、衣類に香らせるだけでも十分に虫除け効果があります。この程度の濃度なら香りを大量に吸い込んでしまっても、肌に直接スプレーしても問題ないとのことですが、アルコール分を含むのでご使用の際は上記の注意点に必ず目を通してください。