不妊症・男性不妊・人工授精・体外受精・胚移植・AID・精子バンク等の不妊治療・不妊専門クリニック。

患者さまの声

妊娠体験記!やって良かったこと。悪かったこと。[2020年12月ご卒業分]

はらメディカルクリニックでは、ご卒業となる最後の診察日に「やって良かったこと。悪かったこと。」というアンケートをお願いしています。ご協力くださいました患者様のアンケートを原文ママで掲載させていただきます。これを公開する目的は、ネット上の誰なのかわからない人の感想よりも同じクリニックで治療しご卒業される方の感想の方が安心できること。記載されている治療については当院からもご説明などフォローできる点が良いと考えたためです。“他の人がどうしているのか知りたい”という時にお読みください。また、これはあくまでも一個人の感想にすぎず、非科学的な内容も含みますのでご留意ください。

<12月妊娠者数>*2021年3月5日入力
胚移植件数95件
妊娠者数41名
(妊娠者平均年齢37.9歳)
*タイミング、人工授精での妊娠者数は12月は算出していません。

2020年12月1日~22日ご卒業者ご協力分
◎やって良かったこと
・採卵までの日数を10日から13日にしていただき、胚盤胞になる率が目に見えて向上し妊娠できました
・ツーブルーラインで一源三岐鍼を受け、その際に教えていただいたツボにずっと灸を続けました。結果的に血流がよくなって45歳で妊娠できたのだと思っています。
・筋トレや軽い運動
・食事の見直し
・温活
・旅行に行ったりして気分転換を図ってあまり気にしないように過ごしました。
・家族がたまに「孫に会えるのはいつかなあ」などと話していて焦ったりもしましたが治療していることを伝えると静かに見守ってくれるようになり行ってよかったと思った。
・日頃からお風呂にゆっくり使って体を温めるよう意識をしていたこと
・不妊治療のことばかり考えずに人と会ったり普段の生活を楽しく過ごしてあまりストレスをためないこと
・いい結果じゃなかったときに投薬や採卵時期など改善点がないか相談したこと
・職場の上司に不妊治療のことを勇気をもってきちんと話し、治療しやすい環境をつくること
・ボーンスクイズ。体外受精でも授からなかったのが、ボーンスクイズを受けた後すぐタイミングで妊娠することができたから
・移植後、しっかりと体を温める(入力はシャワーではなくしっかりお風呂につかる)
・気分転換し、なるべく考えすぎない
・ERA・EMMA・ALICE。善玉菌がほとんどいなかったのがわかった
・卵は多めに採ってばしばし(複数個)移植する
・とにかくストレスをためないようにしました。治療中は不安だし、仕事との両立も難しいです。主人にしたいことや家事の協力をはっきりと伝え協力してもらうことで自分の時間を確保し大好きな運動にあてていました。
・ツーブルーラインで教わったセルフケア(お灸・置き鍼・セルフボーンスクイズ)
・ミオイノシトールサプリ
・毎日の散歩
・漢方薬(薬だけでなくカウンセリングがよかった)
・ヨガ
・快眠のためのベッド買い替え
・ハニーブッシュティー(女性ホルモンを整える)
・子宮内膜再生増殖法の臍帯のはやってみてよかった
・身体を温めること
・夏場でもお風呂につかり、腹巻・靴下をはくなど
・ヒアルロン酸培養液はリーズナブルで治療に変化がほしくてやってみたらその時成功したのでよかった
・2回目の体外受精で初めて着床鍼灸をやってみました。前回は実施しなかったのでその変化がよかったのかもしれません。
・治療は少しでもいい内容(ヒアルロン酸使用など)を選択しました
・高齢での妊活であったため治療期間中は漢方を服用していました。時間はかかりましたが気持ち的には漢方を飲むことで少しはプラスになったのではないかと思います。
・規則正しい生活リズムをつくること、妊活関係なく健康になった気がする
・鍼灸院にも通ったこと
・体外受精にステップアップしたこと
・とにかく病院に丸投げするのではなく自分自身主体的に治療に取り組んだこと。(積極的に先生や培養士さんに質問相談をする)
・ネットの情報に振り回されない、見ないこと(ストレスの原因)
・自分にはSEET法があっていたのではないかと思う
・フルタイム勤務ですが仕事が忙しい=不妊と思わないこと。過度なストレスはよくないが仕事のストレス=不妊ではない
・治療のことを考えすぎずストレスをためないことが大切だと思います。
・先生を信じて周りを気にし過ぎずマイペースに続ければいいと思います。
・不妊治療がうまくいくか心配でメンタルが不安手になった時は一人で抱え込まずに夫や話を聞いてもらえる人に不安な気持ちを話したこと
・なるべく毎日ウォーキングをしました。
・ストレッチもやって身体が温かく、代謝がよくなるように心がけました。
・ERA検査もやってみて着床時期のずれや子宮内の状態がわかりました。自分は着床時期がずれていないと思っていた分驚きました。
・妊娠したときは卵を2個戻したのでそれもよかったのかな、と思いました。
・ルイボスティーを飲むこと
・ヨガやホットヨガをやっていた
・減量(適正体重)にした。
・採卵も移植もいろいろな方法を試したこと。同じ方法を繰り返すのではなく、だめだったら新しいやり方や治療にトライしました(検査も含めて)。
・ツーブルーラインに通ったこと。冷え性だったのでサロンの施術は血流がよくなり、またとてもリラックスできました。
・ストレスをためないこと。長年治療を続けていく中で治療は生活の一部でした。頑張りすぎずうまくいくなんて奇跡なんだから、という気持ちで続けていました。
・ヨガに通ったこと。呼吸法が身についたことでストレスを感じたときなど、気持ちを落ち着かせるのに役立った。また、ヨガによって足のむくみもなくなったのもよかった。
・漢方を飲んだこと。体調に合わせて処方してもらっていた。同時に薬剤師に話を聞いてもらって何とか乗り越えられたように思う。
・話せる人、相談できる人がいることが大事だと思った。
・看護師さんにもたくさん相談・アドバイスいただき助かりました
・はらメディカルはいい意味で病院っぽくなくてよかったです。変に意識しなくて済むというか、リラックスして通院することができました。
・はやく体外受精に踏み切ったこと。迷っている時間がもったいないし、先に進めている実感があってよかった。
・ホルモン補充したことも安心感があった
・すぐに体外受精をしたこと(高齢だったので時間が無駄にならなくてよかった)
・温かい飲み物を飲む
・お風呂に入ってゆっくりリラックスする。
・あまり治療のことを考えすぎず、なるべく普段通りの生活をしてストレスをためないようにした
・今回でこちらで2回目の卒業になりました。1回の流産も挟みましたが3回いずれも着床できた時は移植の際、なるべく心穏やかに落ち着いて「母」になれるよう祈り、移植後の休憩時からかわいい犬猫の動画や第一子の赤ちゃんの頃の動画などを見ていました。とても愛しいやさしい気持ちに慣れてよかったように感じます。
・胚移植前にラクトフェリン・葉酸を飲んだこと。
・胚移植前にウォーキングをしたこと
・胚移植前に鍼灸をしたこと
・ジンクスをいくつかおこないました(移植後にマックのポテト、ワタリガニもパスタ)
・ストレスをためないようにしました。
・夫にも理解してもらいました。
・最初から高レベル(中刺激)を行って一発で妊娠できました。この選択をして本当に良かったと思っています。
・SEET法、子宮内膜炎検査
・ラクトフェリンサプリ摂取、ビタミンDサプリ摂取
・タイミング療法を自分が納得なるまで続けたこと
・仕事を辞めたこと
・着床の窓検査とそれに付随した検査(ERAとEMMA ALICE)それによって体外受精のタイミングと乳酸菌の坐薬を入れるようになり妊娠できたと感じている。
・鍼もよかったかもしれない
・治療相談室。1度流産したあとに転院を悩んだことがあり相談させていただきましたが、個別の状況に見合った解析と説明をしてくださり本当にありがたかった。この面談は本当にしていただいてよかったです。ありがとうございました。
・毎日湯船につかる
・家族で温泉旅行に行った
・黄体ホルモンの薬
・2回目の胚移植で妊娠しました。1回目はやらなかったの一源三岐鍼を2回目にはやったのがよかったのかもしれません。2回目のほうが内膜が厚くなりました。
・ツーブルーラインに通って身体のメンテナンスができたこと。岩腰さんに担当していただいていました。身体のメンテナンスだけでなく不妊で不安になっていることなどいつも親身に相談にのっていただいて身体だけでなく施術が終わると気持ちまで楽になりました。クリニックは卒業ですがしばらくは通う予定です。
・漢方薬(当帰芍薬散)を飲んだこと
・安心してお任せできるクリニックだと思っているため自分ではあまり考えすぎず治療に取り組みました。悩み事は尽きないと思いますが気負い過ぎずにできたのがよかったかなと思います。
・夫婦で今後のことをしっかりと話し合えたこと
・生理不順のため排卵日を正確に見てもらえたことは気持ちが楽になりました。
・ちょっとした体調の変化を気にし過ぎない(期待して落胆して・・の繰り返しは疲れる)。
・排卵日を自分で決めつけない(後から今月もずれてた・・とがっかり)。
・生理がどうしても気になってしまいそれがストレスになっていると思い生理前は自分の好きなドラマ、アニメを見て集中するようにしていた
・常に自分のつらい気持ちや安心・嬉しい気持ちを口にしてパートナーに共感してもらったこと
・まだ体調的に妊活しようとは思っていなかった頃、妊活健診を受けて自分の身体のことが分かったのですぐに治療(体外受精)を始めることができた。年齢に限らずブライダルチェック等受診することをおすすめします。
・睡眠をとる
・適度に運動する
・早寝、早起き
・鍼灸。着床鍼灸を2回やった。2回とも着床しました。
・ピエゾICSI。ピエゾじゃない時は凍結できませんでした。
・自己注射。通院が減ってスケジュール調整がしやすくなった
・諦めずに治療を行ったことが一番よかったです。
・子宮筋腫も見つけてもらえて手術にも抵抗がありましたがそのおかげでその後の移植で授かることができました。
・リセットした後はお酒を飲んだり旅行に行ったりと好きなことをしてリフレッシュしました。
・色々な検査があったことがよかった。
・今何が課題なのか知ることができたので前進している感じがした。
・看護師への相談

◎悪かったこと
・おなじ治療を漫然と続けてしまったこと
・体長が悪かったら採卵は見送るとか刺激方法を変えていただくとか採卵日を変えてみるとか自分の身体をよく観察して工夫すること、できることを少しでも積極的にアプローチしてみればよかったと思っています。
・気にしたり焦る気持ちが最初は強かったのでそれがあまり良くなかったかなと思います。
・採卵数が多いが未熟卵が多かったことについて改善方法を先生や培養士さんともっとたくさん相談すればよかったと思った。
・漢方薬(市販)は私はあまり効果がなかった
・誘発中すごくお腹が貼っていたので良い卵がたくさんとれると思っていたら全滅だったこと
・初めからいろいろな方法を提示してくれる病院を選ばなかったこと
・不健康な生活
・人工授精からのステップアップは早い方がいい。人工授精を続けてもあまり意味がない気がする。・・が中々踏ん切りが継がずだらだらと続けてしまった。
・高価な葉酸サプリ(妊娠率を高めるわけではないのに高価。無理なく続けられる価格のものでよかった)
・エストラーナを前回は2枚、今回は4枚でやったけど内膜の厚みを変わらなかったので4枚必要?と思った。
・移植の時だけ鍼治療をしてもそんなに効果はないのかと思った
・一度流産してしまい、ショックでしばらく卵を戻すのを中断していました。その後1年ほどたって治療を再開しすぐに妊娠することができました。今となっては1年待ったのが少しもったいなかったと感じています。1年待ったせいで45歳になってしまいました。
・タイミング・人工授精にトライした期間をもっと短くすればよかった
・妊活・不妊治療についえ検索しすぎると不安が増してストレスになった
・こちらの病院の前に通っていた不妊治療病院に1年以上も無駄に通い続けてしまったこと(7回ぐらい移植し全て陰性)
・次は陽性なのではないか、と期待し続けあっという間に1年が過ぎました。3~4回移植して陰盛の場合は転院するべきだと思いました。
・栄養面を考えすぎるのはストレスになるのであまりよくなかったかな、と思います。
・ブログやネット情報を鵜呑みにするのもやめた方がいいです。
・卵を戻した後もウォーキングを毎日6kmほどしていたのですが、逆に着床しずらかったのかと思い卵を戻した周期はウォーキングを控えました(その周期に妊娠)。
・自分では低刺激を希望していたが、医師に勧められて中刺激にしたが結果凍結胚になったのは低刺激での採卵時より少なかった
・漢方。体調は良くなったように感じますが、直接的な効果はあまり感じませんでした。
・はじめ、治療方法が難しくて戸惑った。前向きに治療に取り組むためにも治療方法の理解が大事だと思った
・体外受精前に子宮内膜のポリープ検査など、自然にこだわるあまり着床不全官憲の検査をしたこと。無駄な出費となってしまった。まずは体外受精にトライしてから考えればよかった
・採卵が思った以上に辛かった(採卵後もお腹が張って苦しかった)
・フライング検査薬。薄すぎて余計に不安になった。
・無事に着床似ているのだろうか、育っているのだろうかと心配することは結果にいい影響を与えないと感じました。考えたところで不安が増すだけなので出血などの何かが起きていない限りは赤ちゃんがどうなっていても「運」だと割り切って安静に努めるくらいで晴れた気持ちを守るほうが自分的にはよかったです。
・はじめて自己注射を自宅で行った際に失敗してこぼしたりしました。そのせいで不安になったりしました。情けないです。
・卵が5個しか取れなかったことは残念でした。さらに最終的に1つしか残らなかったことも残念でした。
・自分が私生活でもっと健康的にできたと思うので次回はもっと早い段階から身体の準備をしたいと思います。
・ネット情報(特にネガティブな物)の検索ばかりをして不要な心配に時間を費やすこと
・特にないがしいていうなら、ERA EMMA ALICE検査前のERP。そもそものタイミングが違ったのに高額をかけてしまった。(結果論ではありますが)
・高温期の基礎体温測定。逆にストレスをためてしまうだけだったので途中でやめました。
・検索魔になること(自分の体調は人には当てはまらない)。
・1年間タイミングと人工授精をおこなっていたが結果が出なかった
・人工授精・タイミング。高齢だったため本当にほしい場合、いきなり体外受精でもいいと思う

ご不明な点がありましたらお問い合わせください