不妊症・男性不妊・人工授精・体外受精・胚移植・AID・精子バンク等の不妊治療・不妊専門クリニック。

患者さまの声

妊娠体験記!やって良かったこと。悪かったこと。[2021年4月度卒業分]

はらメディカルクリニックでは、ご卒業となる最後の診察日に「やって良かったこと。悪かったこと。」というアンケートをお願いしています。ご協力くださいました患者様のアンケートを原文ママで掲載させていただきます。これを公開する目的は、ネット上の誰なのかわからない人の感想よりも同じクリニックで治療しご卒業される方の感想の方が安心できること。記載されている治療については当院からもご説明などフォローできる点が良いと考えたためです。“他の人がどうしているのか知りたい”という時にお読みください。また、これはあくまでも一個人の感想にすぎず、非科学的な内容も含みますのでご留意ください。

<4月妊娠者数>*2~3か月後入力欄
胚移植件数80件
胚移植後妊娠者数32名
(妊娠者平均年齢37.6歳、妊娠=胎嚢確認)

2021年4月1日~2021年4月30日ご卒業者ご協力分アンケート
◎やって良かったこと
・不妊の鍼灸に通って身体を整えたこと。その間3か月治療を休んだこと。
・夫の精子の奇形率が高かったためおすすめされたSOサポートを飲んでもらったこと。2回目の結果が1回目より改善されていた。
・うまくいかなかったときもIVF振り返り相談で培養士さんに相談して前向きな次の採卵に取り組めたこと。
・良かったかどうかわからないが、無理に通院しようとしなかったこと。「毎月行く」とか決めてしまうと金銭的にも精神的にもつらいかなあと。
・タイミングかもしれないが、水天宮にお参りして次の人工授精で妊娠しました。自分でもびっくり。
・ツーブルーライン
・よもぎ蒸し
・お白湯を飲む
・エレビット&亜鉛のサプリ
・転院3回、9回目の移植(こちらでは初移植)でやっと妊娠できました。治療はある程度やりつくしたと思っていましたが、転院して採卵も移植もこれまでと違っていました。投薬は同じでもやり方や慎重さが違っていて正直初回から期待していました。ERPは高かったけど効果があったと思います。お世話になりました。ありがとうございます。
・お風呂で疲れをとる
・複数回採卵も移植も行い、何度もめげそうになったり、不安で落ち込みましたが、信じ続けてよかったと思いました。2年間お世話になりました。
・ウォーキングやヨガなど。時間があるときには体を動かしたりしましたが特別意識してやったことなどはなかったです。
・治療自体。投薬や注射は正直つらかったですがやってよかったです。
・漢方が体に合った。
・臍帯ERPやSEET法を初めてやり、妊娠できました。
・三食バランスよく食べる、散歩も毎日7,000~8,000歩しました。
・体外受精
・移植の時は入浴をした
・ヨガ
・2bluelineで施術したこと。体を整えることができた。
・サプリ(血流が悪くビタミンものサプリを飲み続けた)
・CD138検査を受けたこと
・胎嚢確認後流産の無料カウンセリングを受けたことで気持ちが軽くなった。
・白湯を飲む
・培養士さんなどの話を聞けたこと
・移植後はなるべく横になり安静にしていた
・夏でも腹巻など温めていた
・体調のことや気分の故寿恵男たくさん夫と話しました。夫婦一緒に乗り越えられた実感があり続けてよかったと思います。
・自分がいろいろなことを気にしすぎる性格だったので、治療に支障を来さない範囲で基礎体温チェックはやめました、気軽になった後すぐに妊娠したので自分には合っていた対応だったかなと思います。
・あらかじめ多めに採卵。お金はかかるが2人目の治療が移植からですんだので良かった。
・治療中は食事に気を使ったり飲酒を控えたりしたのですが、リセットしたときには我慢していたことをしたり、気分転換したりして気持ちを新たに次の周期に取り組みました。
・葉酸サプリを飲み続けていました。
・頑張りすぎると疲れてしまうので時々休んだりしながら細く長く治療をしました。
・お酒が大好きで毎日飲んでいたのですが、杯数は少なくしたりしました。
・神経質になりすぎないこと(ルティナス忘れた、薬飲み忘れたなどをいろいろ気にしませんでした)。体外1回目は完璧を意識して忘れることはなかったのですが、結果陰性で完璧でもダメなときはダメと開き直ることがある意味できていたかもしれません。
・身体を温める。冷え性なのでフローリングに電気カーペットをひきました。足が冷たくならなくなってから妊娠がわかりました。
・大変お世話になりました。宮﨑先生はじめ、皆様ありがとうございました。
・エストラーナの管理をスマホアプリでしていました。貼り忘れがなく良かったです。
・厄払い(本厄だったので)
・タイミング療法を人工授精は行わず初めから体外受精を試した。
・冷え性を解消するためにウェストウォーマーを常にしていました。
・自己注射(ヘパリン)は大変だったが結果が出たので良かったです。
・クリニック1Fのサロンへの通院
・浴槽につかる(体を冷やさない)
・ルイボスティーを飲む(カフェインを取りすぎない)
・ストレスをためない
・夫につらいことや今考えていることなどを話し、共有し、二人で治療しているのだという意識を持つようにした。
・あまり気にしないように仕事に集中したら少し気がまぎれました。
・体外に踏み切ったことです。ありがたいことに1回目の移植で授かることができました。子供ができずに悩んでいたので早めに踏み切ったことで精神的に救われました。ありがとうございました。
・温活(飲み物、お風呂)
・鍼治療
・先生やクリニックの皆さんが本当に親身になって相談に乗ってくださったおかげで不安なく治療に臨むことができました。ありがとうございました。
・採卵の1か月前からスポーツジムに通って汗を流すようにした。
・湯船に20分入浴するようにした。
・「今回はできなくてもいいや」って気軽に思ったこと。
・外に出る日も時間も少なくなったのでビタミンDのサプリを飲んでみた。
・こちらで相談すれば丁寧に教えてくださり安心した。
・友達の出産などストレスになることもあったが、こちらに通って同じ思いの方がたくさんいるのだろうなと想像ですが勝手に勇気をもらってた。
・Piezo-ICSI。受精に難ありだったので2回目の採卵で勧めていただけて良かった。
・移植日当日、翌日とたっぷり昼寝をした。
・2bluelineのボーンスクイズ。今までたくさん採卵できても胚盤胞まで育たないか、育っても1つしか胚盤胞にならず、何度も採卵しましたがボーンスクイズをやり始めてからの採卵で5個も胚盤胞まで育ち、またグレードも良い胚が初めてできて今回その卵で妊娠することができました。痛くて2回目から通うのをためらいましたが頑張ってよかったです。
・人工授精して本当に良かったです。先生もスタッフの方もいつも優しく、急な予約の変更や仕事の調整など助かりました。本当にありがとうございました。
・どんな時でも必ず腹巻と厚いソックスをはくこと。冷えに敏感になりました。
・気持ちを切り替えて毎日楽しく過ごすこと。
・不妊治療を職場の方にすぐ(早い段階で)話していたので、急なお休みなどへの理解が得やすかったです。
・思い切って体外受精にステップアップしたこと。
・1度目の体外受精がダメで2度目もhCGが低く診察後に涙が止まらなくなった時もありましたが、看護師さんが優しく声をかけてくださり救われました。その後hCG値が上がって妊娠に至ったので数値が低くてもあきらめないことが大事だと思いました。
・骨盤のヨガ、睡眠、ウトロゲスタン。
・人工授精を4回行い5回目に挑もうというタイミングで体外受精の説明会を受けました。とても具体的でわかりやすかったです。この説明会のおかげでいろんなことがクリアになり、理解が深まった中で治療を再スタートすることができました。
・体外受精の1か月前から禁酒していました。効果はわかりませんがスイッチが入ったような気がします。
・1年間のタイミングを経て体外受精へステップアップしたこと。最初は軽い気持ちで(友人の卵管手術がきっかけ)受けた検査でしたが専門医院を選んだこと。
・夫にも何度か精子検査を受けてもらった(結果は大幅に異なった)。
・相談できる場所を増やす。
・医院カウンセリングも利用し、体外受精を決めたときに鍼(不妊専門)漢方も始めた。不安なことや他人の体験を聞けたりして気持ち的に余裕ができた。信頼できる友人にも話してみると親身になってくれたり経験者もいたりする。
・タイムラプスや会陰の着床鍼など妊娠率をあげることは積極的に試しました。
・妊娠した周期の3か月前くらいからサロンに通い始め1日おきに自宅でもセルフ足マッサージとお灸を行いました。朝お風呂に入ることが多かったですが、夜はいるようにしたのもあり、下半身の冷えショウガ少し落ち着きました。
・葉酸サプリ、カフェインレス
・早めにステップアップしたのがよかったのではないかと個人的に思う
・適度な運動(歩く)
・お灸(2bluelineで自宅でできるお灸ポイントを教えていただき続けていました)
・サプリメントの服用

◎悪かったこと
・6回人工授精したが駄目だったので早めに体外受精へステップアップしておけばよかった。
・初めての採卵で中刺激で良いだろうと言われたが5個しか取れず1つも凍結できなかったこと。何もわからないので仕方ないけど最初からオプションなど踏まえてベストな方法で臨めばよかったと思った。
・胚移植後ダメだったときに、染色体異常といわれてそのまま何もせず続けて移植をしていたこと。染色体異常であったとしてもほかに試す価値のある検査はどんどん実施してから次の移植をしたほうが後々、後悔が少ないと思いました。
・AIDだったので治療法が人工授精しかなかったので回数を重ねるしかなかった。
・もう少し早い段階で様々な検査をすればよかった。年齢的に時間がないうえに採取できた卵が限られていたので。
・ネット検索は不安になってしまった。
・単純スクラッチは自身にはあまりやってもやらなくても変わらなかったと思う。
・鍼を15分実施してみたが実際やるなら60分しっかりやった方が効果があると思った。
・ステップアップをもっと早く検討したほうがよかった。
・前に通っていた病院でステップアップせず、しばらくタイミングと人工授精を続けることにだいぶ時間をかけてしまった。
・ネット情報ばかり気にしないこと
・卵子の老化を知ることが遅かった
・自己流の妊活。方法が間違っていることもあるので成果が出ない場合は早めに病院に行くことが大切と悟った。
・気分転換の飲酒が度を過ぎてしまうほどになったり暴飲暴食は次の周期もあまり調子がよくなかったりしたのかなと思うことがありました。ほどほどにリフレッシュ出来たらよいのではないかと思います。
・電子タバコ
・お酒の飲みすぎ
・深夜残業。一般的ですが自分の意識が大切だと思いました。
・葉酸サプリを妊娠前から飲めばよかったと思いました。
・身体を冷やす
・採卵日を仕事の都合で一日早くしたら前回の採卵数より明らかに少なかったので一日違うだけででもよくないのだなと思った。
・くよくよ悩んでも結局は仕方なかった
・人工授精は夫に問題がなかったのですが1回トライしました。薬も多く服用するため成功率に対して労力がすごいなと思い1回だけでやめました。出血もあったため2回目やるより体外だなとすぐ踏み切ることができました。
・人工授精を何度もうまくいかなかった際、ストレスをため込んでしまいよくなかったなと思います。
・体外受精へのハードルが高かったのですが1回目で陽性反応が出たため、もっと早くステップへ踏み切ればよかったです。先生のアドバイスで踏み切る勇気をいただけて本当に感謝しております。ありがとうございました。
・人工授精を長くやりすぎた。もっと早く見切りをつけるべきだった。
・コロナもありますが仕事もやめたり夫の両親と同居であったりストレスがかかっていたこと。仕事人間だったのでストレス解消法が自分になかったこと。
・1回目の採卵時に自己注射ではなく通院で中刺激の排卵誘発をしたこと。(大変でした)
・1回目にIVF+レスキューICSIにしたが、スプリットにすべきでした。
・人工授精をずっと続けたこと。
・ネガティブな検索
・週4~5回は軽めの運動を継続して行っていた。
・ストレスを貯めず好きなことをする。(旅行、外食、スポーツ観戦など)
・人工授精をだらだらと続けてしまった。もう少し早くステップアップを考えたらよかったと思いました。
・ネットでいろいろ検索しすぎてメンタルが不安定になった時もありました。
・なかったように思います。
・人工授精にチャレンジする回数はもっと少なくてよかったかもと思いました。タイミングでスタートした時から予定がなくても体外受精の説明会を受けておけばよかったです。
・1年間タイミングをだらだらと続けてしまったように思える。体質改善などほかのことも並行して行うべきだった。
・職場に相談していなかったこと。リモートなので調整できたが採卵後体調崩した際に正直に言えなかった。
・一人で背負いすぎたこと。夫にも注射打ってもらったり参加してもらうことが大事。
・体外受精に入る前に検査をして免疫関係の投薬などは始めておきたかった。適度な運動で筋肉をつけて冷え性対策をしておけばよかった。
・神頼み

ご不明な点がありましたらお問い合わせください