はじめて治療を受ける方

あなたにオススメの治療方法

Case Study
不妊期間 2年以上
年齢 39歳以上
まず必要な検査 不妊初期検査
有効な追加検査 ORT(卵巣予備能検査)

治療方針

検査で原因が見つかった場合
原因の改善を積極的に行うとともに、なるべく早く高度生殖医療を行いましょう。加齢による卵子の老化現象が妊娠率を下げる最大の要因となります。ご年齢が上昇している場合、1日でも若い卵子の採取が妊娠成功の鍵となります。ただし、2人目不妊など時間がかかっても(妊娠率が低くても)自然妊娠を希望される場合はご希望通り対応させていただきます。
原因不明 (現在の医学レベルではまだ原因が特定できていない場合)
原因は特定できませんが、年齢が一番の要因と考えられますのでなるべく早い時期から高度生殖医療を取り入れていきましょう。加齢による卵子の老化現象が妊娠率を下げる最大の要因となります。年齢が上昇している場合、1日でも若い卵子の採取が妊娠成功の鍵となります。もしくは時間がかかっても(妊娠率が低くても)自然妊娠を希望される場合は希望通りに対応させていただきます。
初診のご予約お問い合わせ
ご不明な点がありましたらお問い合わせください