子宮内膜再生増殖法 ERP

IPS細胞と同じく幹細胞を不妊治療に応用した子宮内膜再生増殖法ERPをご紹介します。これは、月経血の幹細胞により子宮内膜を再生させ、着床の正常化を目的とした全く新しい治療です。

適応

  • 着床不全
  • 早期流産、化学的流産
  • 原因不明不妊
  • 内膜が薄い方

*先端医療推進機構倫理委員会の承認済み*

子宮内膜再生増殖法ERP説明会
詳細はこちら

子宮内膜増殖再生法ERPの効果

月経血より抽出した幹細胞上清液を子宮に注入することで

■子宮内膜を再生増殖
■受精卵と内膜の免疫反応を正常化
■移植後の受精卵発育を助長

ERP液注入直後から子宮内膜は再生を開始し、8日後には肥厚した状態に変化した。

子宮内膜増殖再生法ERPの流れ

①月経1~3日目の月経量が多い日に来院

  1)月経血の採取:1分程度、痛みはありません。
  2)100CCの採血:幹細胞の培養時に使用するタンパク質成分をご自身の血液から精製するためです

②月経血から幹細胞を抽出し、30日間培養

③排卵の2~5日前に「サイトカイン、グロースファクターなどの有効成分を含む上清液」を子宮内に注入する

注入直後から内膜再生がはじまります。

先端医療推進機構倫理委員会承認書

費用

当院に凍結胚がある方、または、月経血採取日から過去1年以内に当院にて採卵もしくは胚移植をしている方は、価格表Aをご覧ください。そのほかの方は価格表Bをご覧ください。

価格表A

基本 [初回]ERP液生成/3本
(月経血採取+100CC 採血)
¥280,000
ERP液の子宮注入/1回 ¥45,000
希望時 検体中のIGF-1、IL-6含有量調査 ¥80,000
凍結ERP液の1年更新/1本 ¥10,000
[2回目~]ERP液生成/3本 ¥200,000
ERP液の他院移送/1本
(移送業者が実施)
都内 ¥40,000
都外 お問合せ

2019年5月までの臨床研究期間中の費用です。6月1日の本臨床より新価格となり、10~35%の価格上昇を予定しています。

価格表B

基本 初診料 ¥2,820
[初回]ERP液生成/3本
(月経血採取+100CC 採血)
¥360,000
ERP液の子宮注入/1回 ¥50,000
初診時に1年以内に実施した感染症・甲状腺に関する11項目(①HBs抗原、②HCV抗体、③RPR、④TP抗体、⑤風疹HI抗体、⑥クラミジアlgG、⑦クラミジアlgA、⑧TSH、⑨FT4、⑩HIV、⑪HTLV-1抗体(PA))の検査結果をご持参ください。
書式は問いませんので、検査結果票や電子カルテの検査一覧の印刷でも結構です。
*1年以内の結果がない項目については1項目から当院にて検査ができます。すべて行った場合の費用は¥14,000です。
希望時 検体中のIGF-1、IL-6含有量調査 ¥80,000
凍結ERP液の1年更新/1本 ¥10,000
[2回目~]ERP液生成/3本 ¥255,000
ERP液の他院移送/1本
(移送業者が実施)
都内 ¥40,000
都外 お問合せ

2019年5月までの臨床研究期間中の費用です。6月1日の本臨床より新価格となり、10~35%の価格上昇を予定しています。

来院回数

■ERP液3本生成まで・・・2回
  1回目ー診察(院外の方は初診)、感染症・甲状腺検査確認、資料のお渡し
  2回目ー月経血採取、100CC採血

■ERP液の子宮注入・・・1回
  標準着床時期の2~5日前にERP液を子宮に注入します。

子宮内膜再生増殖法ERP説明会
詳細はこちら
お知らせ

子宮内膜再生増殖法ERPは1日5件以内の実施制限があります。そのため、申込が制限数を超えた日は、2019年5月までの間は「はらメディカルクリニックに通院している方」を優先させていただきます。