不妊症・男性不妊・人工授精・体外受精・胚移植・AID・精子バンク等の不妊治療・不妊専門クリニック。
お知らせ

全患者アンケートと月極支払サービスのご案内

【1】アンケートご協力のお願い
【2】精子凍結規定の変更
【3】月極支払サービス新規募集について
【4】子宮がん検診のすすめ
【5】お車でお越しの患者様へ

【1】アンケートご協力のお願い
当院の医療サービスについて、アンケートのお願いです。いただきましたご意見は、役員を含めて全職員が拝見させていただき、医療の質と患者サービスの向上に取り組んでまいります。皆さまの貴重なご意見をお聞かせください。

<アンケートURL>期限:12月17日(日)23:59まで
https://questant.jp/q/96D1MRAH

【2】精子凍結規定の変更
12月より精子凍結規定を一部変更しました。変更点は、保険診療となる治療で使用する精子を凍結する場合、国内にお住まいの方は1本まで(凍結している精子を使用後は再度凍結可能)、海外にお住まいの方は3本までになります。詳しくは以下をご確認ください。
https://www.haramedical.or.jp/wordpress/wp-content/uploads/2018/12/SPERMmanual20231201.pdf

【3】月極支払サービス新規募集について
診療が終わったらすぐにご帰宅いただき、治療費は翌月まとめてお支払いいただく「月極支払サービス」は、年2回新規募集をしています。
1期:7月1日開始分で申込期間は6月中です。
2期:1月1日開始分で申込期間は12月中です。

今回の募集は6名までで、募集枠埋まり次第終了となります。

お申込み手続きは窓口にて予約制で行います。手続きのご予約は、当院予約専用サイトより「相談」→「月極支払サービス申込手続き(所要20分)」をご予約下さい。
2期:1月1日開始分のご予約は12月3日(日)から受付開始です。

◆月極支払サービスって何?
https://www.haramedical.or.jp/wordpress/wp-content/uploads/2017/05/monthly_guide.pdf
◆月極支払サービスの詳細を知りたい
https://www.haramedical.or.jp/wordpress/wp-content/uploads/2018/12/monthly.pdf

【4】子宮がん検診のすすめ
現在、日本における子宮頸がんの発症数は増加傾向にあり、年間約3000人がこの病気により亡くなっています。しかし、子宮頸がんは早期発見・早期治療が可能な疾患です。前段階である異形成の状態であれば、子宮頸がんへの進行を防ぐことができます。そのため、定期的な子宮がん検診の受診を強く推奨いたします。多くの自治体では、子宮がん検診のためのクーポンなどを提供しておりますのでご確認ください。
なお、当院での検査及びワクチンの接種はおこなっておりません。

【5】お車でお越しの患者様へ
恐れ入りますが、当院には契約の駐車場はございません。
車内でパートナーの方が待っている場合でもビルの周辺の道路への駐車はご遠慮ください。
お車でお越しの際は、お近くのコインパーキングをご利用いただきますようお願いいたします。

(2023年12月3日)

ご不明な点がありましたらお問い合わせください