不妊症・男性不妊・人工授精・体外受精・胚移植・AID・精子バンク等の不妊治療・不妊専門クリニック。
お知らせ

精子検査の結果通知方法が変更になります No.158

当院の精子検査には3種類あります。
①専用機械で分析した精子濃度や運動率などの項目
②正常形態率(クルーガーテスト)
③DFI検査(希望者のみ)

5月から、①の結果は検査当日中に夫の診察券に登録されたメールアドレスに配信します。②③は結果が出るまで2週間かかりますので、結果が出たら夫宛に親展で郵送します。

●なぜ通知方法が変わるのか?
不妊治療は夫婦の治療ですが、個人のプライバシーは重要です。自分の身体に関する検査結果は、本人が最初に知る権利があります。しかし、これまでの当院の精子検査の運用では、妻が来院したときに精子検査結果を夫より先に妻に知らせることがありました。このことで夫が治療に消極的になったり、夫婦関係に影響したという報告がありました。これを改善するため、5月以降は、精子検査の結果を夫より先に妻が知ることがないように運用します。なお、妻にはこれまで通り診察時に精子検査の結果をお話しする場合があります(夫に先に通知してから)ので、もしクリニックから妻への結果説明を先延ばししてほしい場合は、ご連絡ください。

精子検査の結果説明を個別に受けたい場合は、診療予約システムの「相談」→「精子検査結果説明(10分)」をご予約ください。夫だけでも、夫婦一緒でも説明を受けられます。方法は対面か電話です。また、診断レポートに男性不妊外来(泌尿器科)の推奨がある場合は、泌尿器科外来の受診をご検討ください。予約は、「診察・検査」→「男性不妊外来(泌尿器科)」です。

夫婦であっても、感じ方や考え方は違います。お互いを尊重して、協力して治療を進めていくために、精子検査のプライバシーにはこれまで以上に配慮したいと思います。

(2023年4月30日)

ご不明な点がありましたらお問い合わせください