不妊症・男性不妊・人工授精・体外受精・胚移植・AID・精子バンク等の不妊治療・不妊専門クリニック。
メールマガジン

遠藤真沙子先生のご紹介、8月の担当医一覧、新型コロナ感染拡大をうけて、採卵後の超音波検査について、妊娠体験記の更新 No.143

【1】遠藤真沙子先生のご紹介
【2】8月の担当医一覧
【3】新型コロナ感染拡大をうけて
【4】採卵後の超音波検査について
【5】妊娠体験記の更新

【1】遠藤真沙子先生のご紹介
7月より新しく常勤医師として遠藤真沙子先生が加わりました。よろしくお願いいたします。
https://www.haramedical.or.jp/wordpress/wp-content/uploads/2022/07/endo.pdf

不妊治療の中でも特に体外受精は医療機関によって方針がさまざまですが、当院は患者様の状態に合わせた治療を選択するため、体外受精の方法を限定しません。排卵誘発は自然から高刺激まで全て提供でき、胚の培養期間、凍結有無、胚移植個数の選択ができます。オプショナル治療(先進医療)も豊富に用意しています。皆さまそれぞれの状態に合わせた治療方法を医師が提案します。わからないことや不安があれば診察で質問してください。診察で質問しにくいことは看護師相談(無料)やIVFふり返り相談(1採卵1回無料)などもご利用ください。納得できる治療を行いましょう。

【2】8月の担当医一覧
https://www.haramedical.or.jp/wordpress/wp-content/uploads/2021/05/doctor.pdf
なお、事前にお知らせの通り、8月8日から13日の間、院長外来は休診です。休診中の担当医は以下の通りです。
https://www.haramedical.or.jp/wordpress/wp-content/uploads/2022/06/2022summer.pdf

【3】新型コロナ感染拡大をうけて
感染が急拡大しています。夫の診察への付き添いは必要最低限にてお願いいたします。また、発熱(37.5℃以上)、風邪症状(頭痛、のどの痛み、咳、鼻汁、嘔吐、下痢、倦怠感など)、味覚嗅覚異常などのある方は来院をお控えください。また、本人だけでなく、ご家族や身近な方に上記の症状がみられる場合も同様です。皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

【4】採卵後の超音波検査について
来週より、採卵後の超音波検査は、採卵を担当した医師が必要と判断した場合のみ実施します。採卵後の超音波検査が必要な方には退院時に看護師よりご案内いたします。

【5】妊娠体験記の更新
https://www.haramedical.or.jp/category/column/voice

(2022年7月24日配信)

ご不明な点がありましたらお問い合わせください