不妊症・男性不妊・人工授精・体外受精・胚移植・AID・精子バンク等の不妊治療・不妊専門クリニック。

卵子凍結の費用・助成金

不妊症の検査・治療

卵子凍結まで

AMH7,700円
初診日(検査・診察)29,280円
採卵までのホルモン検査・超音波検査14,300円
排卵誘発約30,000円~100,000円
採卵手術卵0個49,500円
採卵手術卵1-2個140,250円
採卵手術卵3-5個176,000円
採卵手術卵6-10個202,400円
採卵手術卵11-20個228,800円
採卵手術卵21-30個255,200円
採卵手術卵31個以上281,600円
卵子凍結/1個/3年間11,000円

卵子凍結更新

卵子1個/3年11,000円

受精・培養・胚移植

凍結卵子融解料16,500円
顕微授精(ICSI)卵1-5個154,000円
顕微授精(ICSI)卵6個以上209,000円
PIEZO-ICSI29,700円
タイムラプス培養27,500円
タイムラプス培養オプション33,000円
培養3日目まで 受精卵1-5個50,600円
培養3日目まで 受精卵6個以上56,650円
培養6日目まで 3日目まで5個以下、4日以降5個以下69,300円
培養6日目まで 3日目まで6個以上、4日以降5個以下75,900円
培養6日目まで 3日目まで6個以上、4日以降6個以上77,550円
GMCSF-SEET法22,000円
新鮮胚ET44,000円
hCG採血4,125円

卵子凍結では、これらの費用が1回ではなく複数回かかります。何歳の方が何個の卵子凍結保存するのかによって変わるため、詳しくは説明会のワークでシミュレーションをしましょう。

卵子凍結から妊娠までの費用例

CASE

  • 34歳の女性が卵子を8個凍結保存
  • 40歳まで6年間凍結保存。
  • 40歳で結婚し精子と受精させた受精卵を1回目胚移植するも妊娠せず。
  • 40歳で2回目の受精を行い、2回目の胚移植してご妊娠。
  • 41歳ご出産。

助成金制度

卵子凍結自体や、将来卵子を融解し授精させて胚移植する際には、自治体によっては不妊治療費助成制度の対象となります。お住まいの都道府県と市区町村の2か所に「卵子を凍結すること」と「将来それを用いた顕微授精を行うこと」について助成金の有無をお問い合わせください。

受精卵凍結まで

AMH7,700円
FSH2,420円
LH2,420円
E22,420円
採卵手術卵0個49,500円
採卵手術卵1-2個140,250円
採卵手術卵3-5個176,000円
採卵手術卵6-12個202,400円
卵子凍結/1個/3年間11,000円
コンベンショナル IVF74,800円
顕微授精(ICSI)卵1-5個154,000円
顕微授精(ICSI)卵6個以上209,000円
PIEZO-ICSI29,700円
タイムラプス培養27,500円
タイムラプス培養オプション33,000円
培養3日目まで 受精卵1-5個50,600円
培養3日目まで 受精卵6個以上56,650円
培養6日目まで 3日目まで5個以下、4日以降5個以下69,300円
培養6日目まで 3日目まで6個以上、4日以降5個以下75,900円
培養6日目まで 3日目まで6個以上、4日以降6個以上77,550円
胚(受精卵)凍結 /1個27,500円

受精卵凍結更新

凍結1年更新 /1個22,000円

胚移植

胚融解料19,800円
子宮内膜刺激SEET法19,800円
GM-CSF含有SEET法22,000円
SEET 法用培養液凍結13,200円
レーザーアシステッドハッチング19,800円
凍結融解胚移植77,000円
hCG採血4,125円

受精卵凍結から妊娠までの費用例

CASE

  • 34歳の女性が受精卵を4個凍結保存
  • 36歳まで2年間凍結保存
  • 37歳で子どもを望み、1回目胚移植するも妊娠せず
  • 37歳で2回目の移植をしてご妊娠
  • 38歳ご出産

胚移植

不妊治療を受ける方の経済的な負担を減らす為に、医療保険が適用されない治療費の一部を各都道府県が助成する制度があります。
当院は、東京都の特定不妊治療費助成制度の指定医療機関に定められています。
その他、都内区市町村が実施している特定不妊治療に係る助成制度もありますので、お住まいの自治体にお問合せください。

ご不明な点がありましたらお問い合わせください