凍結精子使用人工授精(AIH)

検査・治療

凍結精子使用人工授精(AIH)とは

ご主人様の都合により、人工授精当日に精子の採取が困難な場合にあらかじめ凍結保存しておいた精子を、人工授精当日に融解して使用します。その他の流れは一般の人工授精と同様です。
人工授精(AIH)

凍結精子の準備方法

STEP1精子を凍結保存するための予約をとる

  • 持参
  • 院内採取

ご希望の日をWEBもしくはお電話でご予約ください。精子は自宅で採取し持参する方法と、院内で採精する方法があります。

STEP2当日、凍結費用のお支払いと同意書を提出

凍結費用は1アンプル半年間¥5,670です。お支払い時に精子凍結に関する同意書をご記入いただきます。

STEP3凍結完了

お預かりした精液は取り違いがないよう必ず2名1組で指さし確認。その後、顕微鏡で良好運動精子の数をカウントし、 遠心分離器にかけて洗浄・濃縮を行い下準備をします。最終的にマイナス196度の液体窒素で半永久的に凍結保存が可能です。 凍結精子の安全性は医学的に立証されています。

※精子の状態が悪く凍結保存できない場合は当院からお電話にてご連絡させていただきます。
※凍結不可の場合は処理代¥5,670がかかります。