薬品名一覧

検査・治療

排卵誘発に使用する薬品名一覧

シクロフェニル(経口薬)

排卵誘発剤の一種で、薬品名はセキソビット。 脳下垂体に働きかけ、FSH(卵胞刺激ホルモン)やLH(黄体形成ホルモン)の分泌を促進し卵胞成長を促す。

良い点

マイルドな方法なので子宮内膜の発育が抑制されたり頸管粘液が減少したりする副作用が少ない。

考慮すべき点

よりマイルドな方法のため、排卵誘発率も悪く、クロミフェンの50%以下である。

クロミフェン(経口薬)

排卵誘発剤の一種で、薬品名はクロミッドやセロフェン。脳下垂体に働きかけ、FSH(卵胞刺激ホルモン)やLH(黄体形成ホルモン)の分泌を促進し卵胞成長を促す。

良い点

排卵率の上昇が見込めるとともに、発育卵胞数を増加させることによる妊娠率が向上する。

考慮すべき点

子宮内膜の発育が抑制されたり、排卵期の頸管粘液が減少するなどの副作用がある。

アロマターゼ阻害剤(経口薬)

乳癌の治療に用いるアロマターゼ阻害剤がエストロゲンの酵素反応を抑制することから排卵誘発に応用する方法。薬品名はアリミデックスやフェマーラなどがある。

良い点

ホルモン投与を避けたい場合に有効。子宮内膜の発育が抑制されたり頸管粘液が減少したりする副作用も少ない。

考慮すべき点

排卵誘発剤として一般的なクロミフェンと比較すると、排卵誘発率が低い。

hMG/rFSH(注射薬)・rFSH(ペンタイプ自己注射)

排卵誘発剤の経口薬で効果が認められない場合や複数の卵胞成長を期待する体外受精の場合は、性腺刺激ホルモンhMG/rFSHなどの注射で排卵誘発を行う。

良い点

経口薬と比較すると排卵誘発は強力であり、重度な排卵障害の場合でも排卵誘発率の改善を見込める。使用量を調整することで低刺激~高刺激まで実施可能。

考慮すべき点

卵巣過剰刺激によるOHSS(卵巣過剰刺激症候群)発症の可能性が経口薬と比較すると高い。

薬品名 一般名 投与方法 作用
HMGフェリング hMG製剤 注射 FSH、LH作用(FSH:LH=1:1)
ゴナピュール pureFSH製剤 注射 主にFSH作用(FSH:LH=1:<0.0053)
フォリスチム rFSH製剤 注射 FSH作用(FSH:LH=1:0)
ゴナールエフ rFSH製剤 注射 FSH作用(FSH:LH=1:0)

GnRHアゴニスト製剤

ショート法やロング法に用いる製剤で、スプレキュアを使用します。

良い点

排卵のスケジュールコントロールが最適な方法。

考慮すべき点
  • 下垂体回復まで時間がかかる
  • ロング法で使用する場合、排卵誘発剤の使用が多めに必要となりその分費用負担も上がる。

GnRHアンタゴニスト製剤

排卵をコントロールすることや、LHホルモンを抑制し質の高い卵胞を成長させることを目的として使用。薬品名はセトロタイドやガニレスト。

良い点
  • 排卵コントロールが可能なため、希望採卵日への調整がしやすい
  • prematureLH体質の方(卵胞が成熟する前にLH分泌を開始してしまう)の場合卵胞の質向上が望める
考慮すべき点
  • どの程度の排卵抑制がかかるか、個人差が大きいため、アンタゴニスト製剤併用後の卵胞確認が多めに必要になり来院回数が多めになる。
  • アゴニスト製剤の費用が高めである。
薬品名 一般名 投与方法 作用
HMGセトロタイド セトロレリスク酢酸塩製剤 注射 LH、FSH分泌の抑制
ガニレスト セトロレリスク酢酸塩製剤 注射 LH、FSH分泌の抑制

LHサージ誘起に使用する薬品名一覧

hCG注射

安定した製剤である、遺伝子組み換えによるhCG製剤を使用。薬品名はオビドレル。
(これまで国内のhCG製剤は妊婦の尿から精製されているものしかありませんでしたが、遺伝子組み換えによるhCG製剤の国内発売に伴い、全面的に切り替えをしています)

良い点

より確実なLHサージを起こすことが可能なため、点鼻薬での方法と比較して確実性が高い。また費用が安価である。

考慮すべき点

中刺激~高刺激の排卵誘発後に使用することで、OHSS(卵巣過剰刺激症候群)を発症する可能性がある。

点鼻薬

薬品名はスプレキュアやナサニールなどがある。鼻にスプレーし、鼻腔粘膜から吸収する方法。

良い点

自身で行えるため来院の必要がない。

考慮すべき点

鼻腔粘膜からの吸引は不安定のため、LHサージが起こりにくく、排卵しない場合もある。

リュプロアセテート法

リュプロアセテート法は最も自然に近いLHサージを起こすことができる。

良い点

最も自然に近いLHサージを起こす。OHSSや早期黄体閉鎖のリスクが少ない。

考慮すべき点

特になし

黄体補充療法に使用する薬品名一覧

黄体ホルモン剤

薬品名はルトラールなどである。黄体ホルモン作用がある。

良い点

服用薬のため来院の必要がない。副作用は基本的になく用途範囲も広い。

考慮すべき点

特になし

卵胞+黄体ホルモン合剤

薬品名はプラノバールやソフィアなどいわゆるピルである。外因性のエストロゲンとプロゲステロンを補充し黄体機能を維持する。

良い点

服用薬のため来院の必要がない。

考慮すべき点

副作用として胃痛や吐き気などを発生する可能性が5%前後みられる。

黄体ホルモン膣坐薬

薬品名はウトロゲスタン、ルティナスなどがある。外因性のプロゲステロンをしっかり補充することができる。

良い点

黄体期を保つための充分なプロゲステロンを補充することが可能。

考慮すべき点

自費のため費用が高めである。膣坐薬のため注入が苦手な方もいる。

hCG注射

薬品名はプレグニール、hCGモチダがある。黄体を直接hCGで刺激し内因性プロゲステロンを生産する方法である。

良い点

内因性プロゲステロンを生産することが可能。

考慮すべき点

筋肉注射のため比較的痛みが強い。

卵胞+黄体ホルモン注射

薬品名はEPデポーなどである。外因性のエストロゲン・プロゲステロンを注射で補充する。

良い点

服用薬よりも即効性がある。

考慮すべき点

筋肉注射のため比較的痛みが強い。

黄体ホルモン注射

薬品名はルテウム、プロゲデポーなどである。外因性のプロゲストロンを注射で補充する。

良い点

服用薬よりも即効性がある。

考慮すべき点

筋肉注射のため比較的痛みが強い。