体外受精のモデルシミュレーション

検査・治療

体外受精の方法は、ひとりひとりの状態に合わせて選択しますので、個々に異なります。
判断材料としては、①患者様の下垂体ホルモン(FSH・LH)、②患者様の卵巣ホルモン(E2・P4)、③奥様のご年齢、④精子状態、⑤過去の不成功例、などをもとに、あなたに合った治療を選択します。

採卵周期スケジュールのモデルシミュレーション

ご多忙の方へ

以下のモデルシュミレーションの中で
この日は必ず来院が必要です。
この日は注射だけですので、来院以外の方法もあります。①自分で注射する②注射薬を持ち帰り自宅や職場近くの病院(婦人科以外でも可能)で注射する方法③診療時間内の来院が難しい場合21: 30に来院し注射する(金曜以外)の3方法です。
①を希望の方は「自己注射練習」をWEBよりご予約下さい。②を希望の方はお早めに看護師までお伝え下さい。③を希望の方はお電話にてご予約下さい。

■超音波は月経8〜10日目のいずれか1日(卵胞発育によってはさらに超音波の実施日を追加します)
■採卵日は月経11〜14日目のいずれか1日(卵胞発育状況によってそれ以外の場合も稀になります)

上記は、当院の2009年統計データで体外受精による妊娠例の平均年齢である37.1歳をモデルとしています。また、このスケジュールはあくまでも一例にすぎません。

融解胚移植周期スケジュールのモデルシミュレーション

この日は、前周期に移植計画を立てている場合は来院不要。それ以外は来院が必要
来院が必要
胚盤胞移植は、月経19~20日のいずれか1日(排卵日が月経14日目の場合)
・月経14日目に排卵するシミュレーションです。(ホルモン補充の場合は排卵しません)
・胚盤胞以外の分割胚を移植する場合は排卵から月経16日目~18日目です。
・黄体補充にはプロゲステロン坐薬が適切ですが、使用できない場合は注射や経口薬で代用します。
・胚移植後は血流を良くするためにバファリンと、免疫を安定させるためにメドロールを服用します。
・妊娠判定は胚盤胞移植から11日前後が適切ですが、もっと早く行いたい場合はスタッフまでお申し出ください。