ポリープ切除術

検査・治療

ポリープ切除術とは

子宮内膜に機械的刺激を与えると子宮内膜の胚受容能力が高まることを応用した着床不全の治療法です。 機械的な刺激が着床に促進的に作用するばかりではなく着床障害の原因となる小さいポリープなどの除去も行い着床を助けます。

主な薬物療法

入院 必要なし。
麻酔 静脈麻酔
所要時間 手術は5~15分程度。入院は約3時間。
費用 基本額¥17,430(保険)+使用薬品や処方薬費用が追加
事前検査 感染症一式¥10,500 (HBs抗原、HCV抗体、梅毒、HIV、クラミジアトラコマティスIgG抗体、風疹ウィルス抗体、トキソプラズマ抗体)
実施時期 月経出血終了後より排卵まで(排卵以降でも実施可能な場合もあります)
効果 海外のデータでは着床率は16%の上昇、妊娠率は19%の上昇を示したと報告されている(国内のデータはありません)
注意点 手術後の出血、下腹部痛が持続することがある。静脈麻酔による頭痛、吐き気など。

どのような方に有効なのか?

子宮内膜エコー所見が不均一な方。内膜ポリープが疑われる方。

ポリープ切除術の流れ

  • 超音波にて子宮の大きさ、内膜の状態を確認する。
  • 静脈麻酔後、へガールを挿入する。
  • 子宮底から前面に向かいキューレットを数回行い、終了。
  • 術後、超音波で内膜状態の改善を確認する。

よくある質問

痛くないですか?

手術は静脈麻酔を用いて行われますので、術中の痛みはありません。 術後に軽い下腹部痛、出血がありますが、痛み止めで収まります。